「歩けばコーラがもらえる」にはまって考えた、ヘルスケアとインセンティブ

2019/09/17 05:01
高橋 厚妃=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 最近、ひそかに毎日確認していることがある。日本コカ・コーラが提供するアプリ「Coke ON」で表示される、1日分の自分の歩数だ。

「Coke ON」で表示される、1日分の自分の歩数
(日経 xTECHがアプリ画面を撮影)
クリックすると拡大した画像が開きます

 Coke ONは、「Coke ON Pay」と呼ばれるカード・電子決済システムと、電子スタンプカードなどから成るアプリ。利用者は、Coke ON Payに対応した自動販売機でコカ・コーラ製品を購入するとスタンプがもらえる。スタンプを15個ためると、コカ・コーラ製品1本と交換できるチケットがアプリ内で発行される仕組みだ。

 日本コカ・コーラは2016年からCoke ONを提供しているが、2018年4月から、新サービスである「Coke ON ウォーク」を導入した。Coke ONの利用者は、あらかじめ1日あたりの歩数目標を設定しておき、1週間の歩数や累計歩数の目標を達成するとスタンプがもらえる。ここで得たスタンプも、製品交換用のチケットの発行に利用できる。

 例えば、1日の目標歩数を5000歩としておくと、1週間で合計3万5000歩以上歩けば1ポイントもらえる。1日の目標歩数は、最大1万2000歩(1週間で8万4000歩)まで設定でき、累計1万歩、10万歩、20万歩などのタイミングでも1ポイントずつもらえる仕組みだ。

 「歩くとコカ・コーラ製品がもらえるよ!」と知人に教えてもらい、早速アプリをダウンロードした。当初は、「仕事柄よく歩くからもらえたらラッキーだな」と軽い気持ちで始めたが、最近は毎日アプリを確認するなど熱中気味。1日どれくらい歩いているのか、このペースで1週間続けると目標を達成できそうかが気になる。歩数を確認するアプリは世の中にたくさんあるだろうが、筆者はこれまで関心が無く使ったことがなかった。そんな自分が歩数に関心を持ち、継続してアプリを利用していることに驚いている。

この先は日経 xTECH登録会員(無料)の登録が必要です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング