「我々は過去、大きな失敗を3つした」。2018年7月、欧州SAPで最高財務責任者(CFO)を務めるルカ・ムチッチ氏が、日本企業の経営層を前にこう切り出す場面に出くわした。ムチッチ氏の語った3つの失敗とは、長い間イノベーションを起こせなかったこと、クラウドの採用が遅れたこと、そして顧客中心主義になれなかったことだ。

 「特に3つめの失敗が大打撃だった」とムチッチ氏は振り返る。3つめの失敗の具体例として挙げたのが、「保守料の値上げ」だった。SAPは2008年7月、年間保守料を「ライセンス費用の17%から、段階的に22%に引き上げる」といった発表をした。発表当時「適用は2009年から」としていたが、2008年の秋にリーマンショックが起こった。

 「経済環境が悪いにもかかわらず、保守料をアップして顧客からお金をたくさんとろうとした。結果、当社への信頼は失墜した」。ムチッチ氏は当時をこう振り返った。SAPは結局、ユーザー会などの猛反対を受けて再び保守料金体系を見直すことになった。

 2009年に米国で開催されたSAPの年次イベントを取材していた私は、世界中から集まったSAPユーザーが、SAP本社のサポート担当者に詰め寄る様子を間近で見ていた。会場は非常に殺気立っており、多くのユーザーが強い口調で発言していたことが今でも印象に残っている。SAPの保守料金に関する記事を執筆するために当時、日本のユーザー企業の取材もした。取材を通じて、SAPへの不信感を随所で感じた。

ユーザー企業と一緒にイノベーションを起こす

 それから10年。SAPは今、「変革によって大きく変わった企業」として自らを打ち出し始めた。

 冒頭のムチッチ氏の話は、SAPジャパンが2018年7月に開催した経営層向けイベント「SAP Select」での講演で語られたものだ。「SAPの挑戦―Purpose driven company」とのタイトルで、ムチッチ氏のほか、日本を含むアジア太平洋地域・米国のプレジデントを務めるジェニファー・モーガン氏、そしてSAP本社でチーフ・イノベーション・オフィサー(CIO)を務めるユルゲン・ミュラー氏の3人が登壇した。

 SAP本社からやって来た3人は、「SAPはこの数年、自ら変革を進めてきた」と強調。重視する指標を利益から成長に変え、製品中心の発想を止めて顧客とともにイノベーションを起こす体制へと移行した、とその過程を説明した。

 変革したというSAPが今、過去の反省を生かした施策の1つとして推進しているのが、「コ・イノベーション」と呼ばれる考え方だ。最新の技術を利用したり、特定の業界が必要としていたりするなど、まだ製品化していない機能などは、ユーザー企業と一緒に開発するという方針を採っている。

 「以前の当社は技術に自信があり、当社が開発した製品を顧客に提示していた。これを顧客と一緒に顧客が求めるものを開発していく形に変えた」。ムチッチ氏はコ・イノベーションの手法を採用する理由についてこう説明した。SAPは既に、IoT(インターネット・オブ・シングズ)などの新領域で、ドイツの製造業など、世界的なトップ企業とともに開発した製品をリリースしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら