「本物のクモ糸を模倣するフェーズから移行した」――。人工クモ糸の開発で有名なベンチャー企業Spiber(スパイバー)が、最近はクモ糸を前面に押し出さなくなった。2019年6月に開催した、スポーツアパレルのゴールドウインとの共同記者会見では、Tシャツ用に開発した繊維を「ブリュード・プロテイン(Brewed Protein、微生物で作るタンパク質)」と名付けて呼んだ。

会見では、タンパク質繊維「ブリュード・プロテイン」を利用したTシャツ「プラネタリー・エクイリブリアム ティー」を250着の限定で発売することが発表された。
Tシャツは、綿とタンパク質繊維で作られており、その重量比は綿が82.5%で、タンパク質が17.5%。この比率は、地球上の植物と、微生物・動物の重量比と同じだという。「生態系バランスをベースに動物資源に頼らないという意図を込めた数値(%)」(Spiberとゴールドウイン)としている。Tシャツは、「ヘビーウエイトな生地でありながら、しっとりとした滑らかさが混在する独特で特徴的な質感」(Spiberとゴールドウイン)という。価格は2万5000円(税抜き)。(左から)Spiberの代表取締役の関山和秀氏とゴールドウイン副社長の渡辺貴生氏。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 Spiberは2016年に、トヨタ自動車と共同で人工クモ糸を利用した「レクサス」向けの自動車シートのコンセプトモデルを作成したが、人工クモ糸の実用化はアパレル分野が先行するとしていた。今回の会見で登壇した同社代表取締役の関山和秀氏の様子を見るに、脱クモ糸は大きな決断だったようだ。

 Spiberは、丈夫で軽いクモ糸を繊維として工業的に製造することを目指し、2007年に創業した。クモ糸は、軽量でありながら鉄鋼の約340倍の靭性(タフネス)があり、昔から有用な素材と考えられてきた。だが、クモは共食いをするのでカイコのように家畜化して工業的に製造するのが難しい。

 そこでSpiberは、微生物を用いた人工クモ糸の量産を目指した。具体的には、天然のクモ糸(タンパク質)を構成するアミノ酸をベースに遺伝子配列を設計。DNAを合成し、設計した通りの遺伝子配列を作成して微生物にタンパク質を作らせる。同社はこの方法でクモ糸をベースにしたタンパク質繊維「QMONOS」を開発。2013年には、QMONOSを利用した青いドレスを、2016年にはレクサス用の自動車シートのコンセプトを発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら