いわゆるIoTでは、「トリリオン(兆)センサー」など、多数のセンサーをばらまいて使うという発想がある。その際、課題の1つとしてよく挙げられるのが「電池」だ。交流電源を使うと設置場所が限られてしまうし、電池交換や充電作業は多数設置するセンサーの場合、大きな負担になる。と言っても、電池使い切りでは使用期間を長くするのが難しい。

 そこで注目を浴びているのが「電池レス」を実現するエネルギーハーベスト技術だ。光や動き、電波など周囲の環境から何らかの手段でエネルギーを得るというものだが、それほどふんだんにエネルギーを得られるわけではないので、起動時間や通信方法などに制限が生じる場合が多い。いかに使用環境でエネルギーハーベストを有効活用するかが、設計者や開発者の腕の見せ所だ。

 以前からこうした興味を持っていたところ、筆者にうってつけのセンサーが登場した。フランスの化粧品大手ロレアル(L’Oreal)が、2019年6月11日に一般消費者に向けて世界同時発売した紫外線(UV)センサー「MY SKIN TRACK UV(マイ・スキン・トラック・ユーブイ)」だ。電池レス、つまり充電することなく紫外線暴露量を計測する。

 同製品はスマホと連携して使うもので、同社の発表によれば充電は近距離無線通信であるNFC通信を利用してスマホから行う。外形寸法は直径12mm×高さ6mm。質量を計測したところ、1g程度。クリップと合わせても約2gと軽い。

ロレアルが世界で同時発売した「MY SKIN TRACK UV」
同社のスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」の製品の1つとして、Apple.comと一部のApple Storeで販売する。価格は6800円(税別)(写真:日本ロレアル)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は以前から、ウエアラブル機器やIoT住宅などを取材してきた。加えて、健康美容誌『日経ヘルス』の元・美容(化粧品)担当記者でもある。小学校から大学まで、屋外プールなどを利用するために日焼けをせずにはいられない水泳部で活動していたことから、当時は光老化や日焼け止めの特集に力を入れていた。そんな筆者にとって、この製品は触れずにいられない。さっそく試してみることにした。

* 光老化 紫外線などを含む太陽光によって引き起こされる肌への影響のこと。シミのほか、シワなどを引き起こす要因になっていると考えられている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら