次代のOSともいわれる「Kubernetes(クーベネティス)」に関するニュースを目にする機会が増えている。Kubernetesは「Dockerコンテナ」のデプロイ(配布)やスケーリングなどを担うコンテナクラスタ管理ツールの1つ。Googleが開発した「Borg」を基にしたオープンソースソフトウエアで、現在は「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」が開発を管理している。

 CNCFに対し米マイクロソフト(Microsoft)や米AWS(Amazon Web Services)、米ヴイエムウェア(VMware)や米ピボタル(Pivotal)、米オラクル(Oracle)など大手ITベンダーの加盟が相次ぐなか、Kubernetesはデファクトスタンダードの地位を築いた。ITベンダーは自社のクラウド上でKubernetesのマネージドサービスを提供。Kubernetes上で開発したコンテナアプリは、基本的にどのベンダーサービスのKubernetes上でも動く。これがOSにたとえられる理由だ。

 米ネットフリックス(Netflix)や米グーグル(Google)など、ネットサービス系の企業を中心にコンテナ活用は進んできた。米調査会社の451 Researchが2017年1月に発表した調査結果では、コンテナ市場は2016年の7億6200万ドルから、2020年には26億8800万ドルへ成長すると予測している。

 国内の普及状況はどうか。IDC Japanが2017年5月に発表したユーザー調査によれば、Dockerを「本番環境で使用している」企業は6.0%で、2016年調査の3.7%からわずかに上昇。一方、「開発/テスト/検証段階」の企業は13.1%で、同5.2%から7.9ポイントもアップした。こうした結果から、「Dockerは検討/計画から実装する段階へ移行、2017年は普及元年に」としている。

 確かに、ネット系企業やスタートアップなど、いわゆるクラウドネイティブな企業では、コンテナ活用は当たり前だろう。しかし、特に、企業システムの分野で、その価値ほどにコンテナが普及してきたとは言い難い。その理由を考えてみた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら