アジャイル型のプラクティスは働き方改革にも有用――。こう実感したのが乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所の取材だった。

 現在、追加開発とリリースを短期間に繰り返すアジャイル開発が広まっている。ビジネスの急激な変化にシステムを追従させるには、アジャイル開発の手法が適しているからだ。

 そこで筆者は、開発現場にアジャイル開発の一部のプラクティスをピンポイントで取り入れる「ここだけアジャイル」という特集を日経SYSYTEMSの5月号で執筆した。従来のウォーターフォール型の開発に慣れた現場を、いきなりアジャイル開発に全面移行するのは無理がある。ビッグバン的にアジャイル開発を導入し、混乱を招いた現場は少なくない。一部のプラクティスを取り入れるだけなら、現場も混乱せずプロジェクトもより円滑に進むのではないかと考えたからだ。

 チーム開発が核になるアジャイル開発の現場では、タスクボード、KPT(Keep Problem Try)ボードなどのツールがよく利用される。タスクボードは「todo」「doing」「done」という3つエリアを設けて、それぞれのエリアにチケットを貼り付けて、進捗を管理できるもの。KPTボードは、良かった点(Keep)、問題点(Problem)、これから試したい点(Try)を記録していくボードだ。

総務部門に設置されたタスクボード
(出所:ヴァル研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらは、プロジェクトの進捗を見える化したり、仕事の進め方を確認したりするのに欠かせない。ヴァル研究所では、各種ボードを使った業務の見える化が、開発部門だけではなく総務部門にまで浸透している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら