2016年はIoT(インターネット・オブ・シングズ)元年になる――。こう言われて早2年半が過ぎた。2016年は前評判ほど企業で導入が進まなかったものの、ここに来てクラウドサービスを使ったIoT事例がぐっと増えている。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)はAmazon Web Services(AWS)のIoT基盤サービスである「AWS IoT」を使い、AI(人工知能)を使ったタクシー配車アプリ「タクベル」を開発した。DeNAの小林篤執行役員システム本部本部長は2018年5月30日、アマゾン ウェブ サービス ジャパン主催の年次イベント「AWS Summit Tokyo 2018」の事例セッションで、タクベルにおけるAWS活用事例を説明した。

ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発したタクベルのシステム構成概要
(出所:ディー・エヌ・エー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤンマーもAWS IoTを使い、IoTやAIを使った次世代の農業を実証するため、2017年10月からテストベッドのビニールハウスで農業IoTシステムを運用している。センサーから収集した温度やCO2濃度などのデータを基に、独自の計算式で適切な養分量を算出し、水耕栽培システムを制御して農作物に自動的に養液を投与するという取り組みだ。

 米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を使ったIoT事例もある。横河電機はセンサーデータの収集や蓄積、計算、表示などを可能にするIoT基盤「Industrial IoT(IIoT) Foundation」の第1弾を、2018年4月に構築した。IIoT Foundationの構築には、IoT端末管理/メッセージ送受信サービスを提供する「Azure IoT Hub」を採用している。

 中国ハイアールの日本子会社であるアクアはAzure IoT Hubを使ってコインランドリーにある洗濯機や乾燥機とつながるIoT基盤を構築した。ユーザーはスマートフォンやPCのアプリケーションを使い、洗濯機や乾燥機の空き状況を確認したり、終了時間の通知を受けたりできる。アクアは2017年12月に「Cloud IoTランドリーシステム」として、全国のコインランドリーに展開済みだ。

IoT関連のPaaSが追い風に

 クラウドサービスを使ったIoT事例が増えている一因が、AWS IoTやAzure IoT HubといったIoT関連のPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)の登場である。AWS IoTは2015年10月に発表され、同年12月に一般提供を開始した。Azure IoT Hubは2015年10月にプレビュー版が登場し、2016年2月に一般提供となった。2016年がIoT元年になると叫ばれたのも、これらのサービス提供開始と無縁ではない。

 DeNAの小林本部長はAWS IoTを採用した理由について、「データの転送に使う通信プロトコルとして、MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)に対応しているから」と語る。MQTTはWeb通信で使うHTTPに似たプロトコルだが、HTTPに比べてヘッダー情報が10分の1以下と軽量で、リアルタイム性の高さが特徴だ。小林本部長は「数万台のタクシーからデータをほぼリアルタイムに収集する将来像を見越して採用した。自前でMQTTサーバーを構築するよりも、手間とコストを減らせた」と効果を話す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら