つい先日、ドローンを衝動買いしてしまった。というか、ドローンに魅せられてしまったといったほうがより適切な表現だろう。どんなドローンを買ったかというと、中国DJIの「Mavic Air」だ。DJIは世界最大手だから、ドローンを買うなら当然の選択ではある。しかし、こう言っては中国企業に失礼ではあるが、まさか中国メーカーのハイテク製品に物欲が爆発する日が来るとは思いも寄らなかった。

衝動買いした中国DJIのドローン「Mavic Air」
[画像のクリックで拡大表示]

 物欲が爆発した経緯はこうだ。私は自転車とカメラ、そして万年筆をこよなく愛している。特に自転車は古くからの趣味で、ロードバイクやマウンテンバイクなど4台のスポーツバイクを保有している。そして個人ブログなどを通じて多くの自転車乗りの皆さんと親しくなり、最近も自転車仲間とサーキット場を走る耐久レースに出場したり、サイクリストの聖地と呼ばれる瀬戸内海の「しまなみ海道」に出かけたりしている。

 ドローンとの運命の出会いも自転車を通じてである。その日は仕事関係で知り合った自転車乗りの皆さんとのサイクリングで、同行したあるITコンサルタントが持ってきたのがMavic Airだった。この人は無類の新し物好き。ドローンを買ったという話を聞いた時、ドローンに全く興味が無かった私は「また、そんな物を買っちゃって」ぐらいにしか思わなかった。

 「ドローンに全く興味が無かった」と書いたが、より正確に言えば、私はドローンに対してネガティブなイメージを持っていた。なんせドローンが日本で大きな話題となった、2015年に起こった一連の出来事の印象が悪い。DJI製のドローンが首相官邸に落下するなどの事件・事故が相次ぎ、ドローン規制法も制定された。操縦は危険だし、下手をすると不法行為にもなりかねない。図体もそれなりにデカくかさばる。コンパクトなモノを愛する私にとって、全く物欲の対象になり得なかった。

サイクリングの際にITコンサルタントが持ってきたMavic Airに驚愕
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、Mavic Airの実物と飛行を見せてもらって腰を抜かし、心を奪われてしまった。何度も失礼だが中国メーカーの製品なのにスタイリッシュで高級感があるし、コンパクトに折り畳めるマニアックさもいい。何よりも自動離陸機能により、視線近くの高さまでふわっと浮き上がる姿にしびれてしまった。後は「うわぁ、欲しい!」「なら木村さんも買ったら」「値段はいくら……それなら何とか買えそうだ」という流れである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら