米マイクロソフト(Microsoft)の透過型ヘッドマウントディスプレー(HMD)「HoloLens」は、人類の知覚を拡張するものだ。そう思わせるアプリケーションに出会った。マイクロソフトリサーチ(MSR)が開発した「Cardiolens」だ。

 CardiolensはHoloLensを着けて人の顔をのぞき込むと、その人の心拍数が分かるアプリケーションだ。肉眼では全く見極めることができないが、我々の顔色は血管に血液が流れるタイミングで、微妙に変化しているのだという。CardiolensはHoloLensのカメラが撮影した人の顔色のごく微妙な変化を捉えて脈拍を検知し、心拍数を割り出す。

気分はドラゴンボールの「スカウター」

 実際にHoloLensを着けてCardiolensを試してみた。HoloLensはレンズの部分が透過型のディスプレーになっている。人の顔をHoloLensを着けてのぞき込むと、Cardiolensの顔認識機能によって顔の部分がハイライト表示され、頬の部分が画面上に赤く色づけされる。これは頬の下を流れる血流の勢いを示すもので、脈拍に合わせて赤色の面積が広がったり縮んだりする。しばらくすると人の顔の上部に脈拍を示す数字が表示される。

HoloLensのアプリ「Cardiolens」で心拍数を計測されている筆者
[画像のクリックで拡大表示]

 気分としては、完全にドラゴンボールの「スカウター」(相手の戦闘力を測る作中の道具)だ。童心に返ってドラゴンボールごっこを楽しむのもいいのだが、実用的な使い方も既に考案されている。例えば臓器移植手術の最中に使えば、移植した臓器に血液が流れているかを臓器に触れることなく検出できるという。

 「怒っているのか、それともリラックスしているのか。人の感情は理解できるのか?」。Cardiolensを開発したMSRのダニエル・マクダフ(Daniel McDuff)研究員に聞いたが、そうした機能はまだ無いそうだ。将来、人の感情と心拍数の連動パターンを機械学習などで割り出せるようになれば、「あの人、今は機嫌が悪そうだから、話しかけるのは後にしておこう」といった使い方ができるかもしれない。

 MSRのマクダフ研究員は、「カメラが撮影した画像から脈拍を検出する技術は以前から存在する。Cardiolensのポイントは、その技術をHoloLensに統合したことだ」と解説する。

 確かに日本でも富士通研究所が2013年3月に「顔の画像からリアルタイムに脈拍を計測する技術を開発」というプレスリリースを発表している。電通が2015年から公開する「Pace Sync」というスマートフォンアプリも、カメラで顔を撮影すると心拍数が分かる。こちらは旭化成が開発した脈波検出技術を使っているのだという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら