「あなたのパソコンの時刻は合っていますか」。こう聞かれると、「NTP(Network Time Protocol)を使っているから大丈夫」と答える人が多いだろう。筆者もそう思っていた。だが、取材すると、時刻合わせの世界は想像以上に奥が深いことに驚いた。筆者が知らなかった話題を、いくつか紹介しよう。

そもそも正しい時刻って?

 時刻を合わせる場合、その相手は当然正しい時間にしたいと思うだろう。だが、そもそも“正しい”時刻というのは存在しない。

 NTPで配布しているのは、協定世界時(UTC)と呼ばれるもの。日本では情報通信研究機構(NICT)が決めた「UTC(NICT)」というものを使っている。実はこのUTC、各国ごとに独自の原子時計を持って決めている。このため、世界共通の時間というのは存在しないのだ。細かく比べると、国ごとに数~数十ナノ秒程度の誤差がある。

日本におけるUTCを決めている情報通信研究機構内の設備
出所:情報通信研究機構
[画像のクリックで拡大表示]

 世界で共通に使う本当のUTCは、実はフランスにある国際度量衡局(BIPM)が決めている。だが、この本当のUTCは、世界各国に何百個とある原子時計それぞれで計測した結果を集めたうえで、安定した時計は高く、安定していない時計は低くといったように加重平均して決めている。こうした処理が必要なため、最終的な結果が出るまでに数週間の時間がかかる。つまり、後から「あのときの本当のUTCはこれ」ということが分かるだけで、その時点で本当のUTCは分からないのだ。

 それぞれの国は、BIPMが決めたUTCと自分が決めたUTCを比較して、誤差が小さくなるように調整する。ちなみに、日本のUTCは「ほぼ±20ナノ秒の範囲でBIPMが決めているUTCと同期している」という。つまり、NICTがNTPを介して日本で配布しているUTCがそもそも10ナノ秒前後ずれている可能性が高いのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら