豪雨時の避難勧告や洪水警報といった防災情報を、5段階の危険度で示す「警戒レベル」の運用が2019年5月に始まった。避難勧告はレベル4、洪水警報はレベル3などと定めている。豪雨の際には、避難情報に加え、注意報や警報など様々な情報が飛び交う。それらを整理するために警戒レベルを導入したという。
(関連記事:レベル4で全員避難! 5段階の防災情報で分かりやすく

2018年7月の西日本豪雨で浸水した愛媛県大洲市の市街地。鹿野川ダムの緊急放流の影響で肱川が氾濫し、大洲市が被害を受けた(写真:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大のポイントは、避難勧告と避難指示を同じレベル4と設定したことだ。これまで避難勧告が出ても、より危険度の高い避難指示の発令を待って逃げ遅れる人がいたからだ。レベル4は「全員避難」と明確に位置付けた。

 しかし、これで本当に分かりやすくなったのだろうか。避難勧告と避難指示を同じレベルに設定するのなら、そもそも両者の区分けを廃止すればいい。分かりにくいと批判のある既存の防災情報の再編には踏み込まず、警戒レベルという新たな情報を追加する――。「『屋上屋を架す』ではないか」との声も上がる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら