九州大学芸術工学部環境設計学科と同大学院で、27年にわたって教壇に立ち続けた土居義岳教授の最終講義が2019年5月28日、同大学大橋キャンパスで開かれた。土居氏は、18年に日本建築学会著作賞を受賞するなど、西洋建築史を専門とする歴史家として知られている。

土居義岳教授の最終講義には、教え子の若手設計者も集まった。右手から百枝優氏(百枝優建築設計事務所主宰)、佐々木慧氏(KEI SASAKI architects主宰)、土居氏、佐々木翔氏(インターメディア取締役)、岩元真明氏(九州大学助教、ICADA共同代表)(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 この最終講義を取材するきっかけは、九大芸術工学部出身の若手設計者を18年に取材したこと。父が営む設計事務所、インターメディアに加わる形で15年、故郷の長崎県島原市に戻った佐々木翔氏(1984年生まれ)だ。その後、翔氏の紹介で福岡市内の2人の設計者に会い、翔氏をはじめ、同学部出身の若手設計者が頭角を現しつつあることを知った。

 福岡で会った1人が百枝優建築設計事務所を主宰する百枝優氏(1983年生まれ)だ。百枝氏は2014年に福岡市で独立して以来、福岡市や長崎市を中心に設計実績を持ち、最近は台湾など海外へ活動の場を広げている。もう1人が、翔氏の実弟である慧氏(1987年生まれ)。18年に藤本壮介氏の事務所から独立、現在、福岡市内でKEI SASAKI architectsを主宰する。

 よくよく聞くと、3人とも土居研究室の出身で、現在、九大の環境設計学科で非常勤講師を務めていることが分かった。さらに、土居氏が中心となって17年に立ち上げた九大大学院の環境設計グローバル・ハブのメンバーで、助教を務める岩元真明氏(1982年生まれ)も、同ハブで海外の大学との交流を深めるとともに、自身の設計活動を続けている。こうした “土居ワールド”は、どう築かれたのか。

土居氏の最終講義のフライヤー。土居氏の指名で、明治大学理工学部教授の青井哲人氏、千葉大学大学院工学研究院准教授の頴原澄子氏、京都大学大学院工学研究科教授の平田晃久氏がゲストに招かれた(資料:九州大学芸術工学部環境設計学科)
[画像のクリックで拡大表示]
土居氏の最終講義の様子。九州大学大橋キャンパスのデザイン・コモン2階の会場には170人の聴講者が詰め掛けた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら