「今の時代、システム開発から属人性を排除したらダメなんですよ」。あるITアーキテクトへの取材の最中、話題が少し脱線したときにこんな話を聞いた。

 この発言の主は、アパレルのオンラインショッピングサイトを運営するZOZOのIT子会社であるZOZOテクノロジーズの岡大勝Chief ZOZOTOWN Architectだ。開発プロセスとITアーキテクチャー設計の専門家で、日本屈指のITアーキテクトである。

ZOZOテクノロジーズの岡大勝Chief ZOZOTOWN Architect
[画像のクリックで拡大表示]

 ITアーキテクチャー設計コンサルを手掛けるゼンアーキテクツの前CEOだったが、2019年4月にZOZOテクノロジーズに移籍したばかりだ。

 岡氏のこの発言を聞いて記者は驚いた。言うまでもなく、システム開発では属人性を排除し、標準化することが良しとされてきたからだ。

 細かい部分ではコーディング規約やネーミングルール、より大きな観点では開発プロセスやITアーキテクチャー、さらにはプロジェクト開始の承認プロセスや運用時のルールまで、システム開発では様々なことが標準ルールにのっとって進められることが多い。

 しかし、岡氏の主張は違った。そもそも標準ルールを決めるのは同じ行為が繰り返されるという前提に立っている。システム開発の標準プロセスが決められているのは、(アプリケーションは異なるにせよ)同じようなシステム開発案件が多くあると見込まれていたからだ。

 同じ行為の繰り返しを前提に作られた標準ルールでは、ルールに書いていないことが起きたときに対処できない。そうなると、標準ルールのマイナスの側面のほうが目立ってくる。

 例えば、新しい技術や考え方を採用しようとしたときだ。実際、ここ数年のITインフラを取り巻く技術変化は激しい。クラウド上にシステムを構築することは珍しくなくなり、設計思想も「システムをダウンさせない」ことから「システムの一部の機能が止まっても、サービスを継続させる」方向へ変わってきている。

 こうした技術や考え方を取り入れようとすると、「標準ルールが新しいことへの挑戦を阻害するオーバーヘッドになっていることが多い」と岡氏は言う。

属人的なノウハウをチームで共有

 標準ルールの価値が下がる代わりに、属人化の重要性が高まっているという。「標準ルールに無いことに挑戦する場合、ITエンジニア個人が独自に判断して小さな失敗を繰り返し、その経験を個人のノウハウとして蓄積していくしかない」と岡氏は言う。

 ただし、岡氏が提案するのは単なる属人化ではない。ポイントは、属人化したノウハウをチームで共有することだ。ちょうどアジャイル開発でコードをチーム内で共有するのに似ている。

 まとめると、「先に標準ルールがあり、そのルールに個人は従う」というシステム開発は時代遅れ。「個人は自分の判断や創意工夫に基づいて行動するが、そのやり方はチーム内で共有する」のが今の時代に合っている、ということだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら