記者は現在、ソフトウエアのロボット(ソフトロボ)を使ってPCの定型作業を自動化する技術「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を積極的に活用している企業の取り組みを取材している。取材企業数は20社近く。その成果は2018年6月以降、日経 xTECHや日経コンピュータで紹介する予定だ。

 その取材の中で「Excelのマクロ使いが、日本の人手不足を解消する」という興味深い話を聞いた。Excelのマクロとは、Excelの定型操作を自動化するマクロ機能のこと。Excelのマクロ使いは、その機能を駆使してきた現場担当者を意味する。

SMFLキャピタルの川名洋平執行役員オペレーション本部長(右)と、藤原雄情報テクノロジ本部デジタルリーダー
[画像のクリックで拡大表示]

 そう指摘していたのが、リース会社であるSMFLキャピタルの川名洋平執行役員オペレーション本部長と、藤原雄情報テクノロジ本部デジタルリーダーだ。2人はデジタル変革の一環で、社内へのRPA普及に取り組んでいる。

 SMFLキャピタルは2017年5月、オフィスワークの生産性向上を狙ってRPAの全社適用を始めた。UiPath日本法人のRPAツール「UiPath」を採用し、2018年3月までに200体のソフトロボを稼働させて、年間12万時間におよぶPCの定型作業を削減。浮いた時間を新規事業などの取り組みに当てている。

 SMFLキャピタルではRPAの現場普及を狙い、RPAアンバサダーと呼ぶ現場の推進担当者を社内で20人以上任命。UiPathのソフトロボ開発トレーニングを積み、現場でPC作業の自動化に取り組んでいる。

繰り返し業務に疑問を持てることが貴重

 このRPAアンバサダーの中に、Excelのマクロ使いが少なくないという。その理由を、「Excelのマクロ使いは、Excelを使った操作のうち、同じ手順の操作を繰り返すことに疑問を持って解決できる人たち。ExcelにとどまらずPCの定型作業を自動化するRPAの推進役として適任だ」と川名執行役員は説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら