「目指すは、棋士とAIの『人機一体』です」

 囲碁AIを積極的に活用することで知られる日本棋院所属のプロ棋士、大橋拓文六段が語った言葉だ。

プロ棋士の大橋拓文六段
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月18日、グロービスと日本棋院、囲碁AI「AQ」開発者の山口祐氏、トリプルアイズの4者合同で、囲碁AI世界一と若手棋士育成を目指す「GLOBIS-AQZ」プロジェクトを発表した。大橋六段もテクニカルアドバイザーとして参画する。

 人間がAIに対抗するのではなく、人間がAIを上手に乗りこなし、互いに成長する――。こう書くと、プロ棋士の世界で人とAIが理想的な関係を構築しつつあるように思えるが、現実はもうちょっと複雑である。

 人がAIを乗りこなすのか、それともAIが人を乗りこなすのか。囲碁AI活用の最前線に立つ大橋六段に伺った話を基に、AIと人間を巡る未来の一端をのぞいてみたい。

AlphaGoが囲碁界を激変させた

 英ディープマインド(DeepMind)の囲碁AI「AlphaGo」が韓国トップ棋士を打ち負かしてから3年。世界の囲碁界は激変した。

 AlphaGoの偉業に続けとばかりに、AlphaGoの手法を参考に中国騰訊控股(テンセント)の「絶芸」や日本発の「DeepZenGo」が開発され、相次ぎプロ棋士を撃破。深層強化学習をベースとした囲碁AIが人間を凌駕(りょうが)することが決定的になった。

 AQを開発する山口氏は、現在の囲碁AIについて「対局成績に基づくレーティングは、トップ棋士が3650、AQが4200~4300、中国の絶芸が4800、AlphaGoは5200ほどだ」と語る。現在のAQもプロ棋士には95~99%の勝率を誇るというが、絶芸やAlphaGoはさらに高い地平に立つ。

AQをベースに開発する新たな囲碁AI「GLOBIS-AQZ」は、産業技術総合研究所のスパコン「AI橋渡しクラウド(ABCI)」のGPUサーバー数百台分を数カ月占有し、マルチエージェント方式で複数のAIを互いに競わせて成長させる計画だ。2019年8月中旬に中国山東省で開催される世界AI囲碁オープンで優勝を目指す。
[画像のクリックで拡大表示]

オープンソース化で囲碁AIが身近に

 次の転機は2017年末から2018年前半にかけて起きた。囲碁AIのオープンソースソフトウエア(OSS)が相次ぎ公開され、囲碁AIはプロ棋士にとって一気に身近になったのだ。

 まずベルギーの技術者が2017年10月に「LeelaZero」を公開。続いて米フェイスブック(Facebook)が2018年5月に「ELF OpenGo」を公開した。いずれも、人間が作成した事前知識なしに学習するAlphaGoの新版「AlphaGo Zero」のオープンソース実装といえる囲碁AIだ。

 日本のプロ棋士は競って囲碁AIを導入し、Amazon Web Services(AWS)などが提供するGPUインスタンスを使ってパソコン端末から利用できるようにした。

 既に10代の棋士は、囲碁AIの活用が当たり前になっているという。対局後、初手から局面を振り返り最善手などを検討する「感想戦」において、パソコンを横に置いてAIの評価値(AIが算出した勝率)を参考にしながら検討している。

 今の囲碁AIソフトは、実力に加えて棋士にとって使いやすいようインターフェースも進化している。「ある打ち手候補に対し、その30~50手後の主な想定図を表示できる」(大橋六段)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら