現金を使うことがめっきり減った。4月6日にコンビニATMで出金して以来、今月はATMを利用していない。財布を開いてみても、まだ1~2週間は生活できるくらいの現金が残っている。

 過去の履歴を遡ってみると、1カ月に1度も現金を引き出していない月もあった。決して1度に大金を下ろしているわけではない。この1年を振り返って大金を持ち歩いたのは、家電を買うために20万円を引き出し、そして落としたときくらいである。

関連記事:FinTech記者の醜態、現金20万円を落とす

 世の中は、キャッシュレスブームだ。試しに自分のキャッシュレス比率を計算してみることにした。算出方式はいたって単純。ATMで引き出した金額を分子、その現金をほぼ使い切りATMを次に利用するまでの期間に支出した総額を分母にすれば、ざっくりではあるが現金利用比率が把握できるはずだ。

 過去半年で最もATM利用が少なかった2018年1~3月で試算してみた。新年明けて最初にATMを利用したのが1月30日。次にATMを使ったのは3月17日。その期間の現金比率は11.1%だった。つまりキャッシュレス比率は88.9%だ。想像以上にキャッシュレスな生活を送っているようだ。

珍しくも新しくもないキャッシュレス

 日本は現金大国と言われる。経済産業省が2018年4月に公表した「キャッシュレス・ビジョン」を見れば明らかだ。キャッシュレス決済比率は韓国が89.1%と飛び抜けて高く、中国の60.0%、カナダの55.4%が続く。米国は45.0%で、インドは38.4%。これに対して日本は18.4%にとどまる。

 政府はキャッシュレス・ビジョンの公表に合わせ、キャッシュレス決済比率を40%に引き上げる目標を当初の2027年から2025年に前倒しした。同比率が2006年から2016年までの8年間で8%しか上昇していないことを鑑みると、野心的な目標だ。時期は定めていないものの、「世界最高水準のキャッシュレス決済比率80%を目指す」ことも明記した。取材をしていても、政府の強い意気込みを感じる。

 “キャッシュレス”というと、新しいライフスタイルのように響くかもしれない。ただ筆者が主に使っているのは、クレジットカードと電子マネーだ。多くの方が1枚は所有していると思うし、決して珍くも新しくもない。

 電子マネーは2001年に「Edy」がスタートし、同時期に「Suica」もサービスを開始した。クレジットカードにいたっては、丸井が1960年に発行している。にもかかわらず、なぜキャッシュレス化が進まないのか。

 しばしば鶏と卵の関係が指摘される。キャッシュレス決済を使う人が増えなければ、受け付ける場所は増えない。一方で使える場所が増えなければ、使う人は増えない。話が堂々巡りになってしまうわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら