ある日出社したら、いつも利用している社内システムのユーザーインターフェース(UI)ががらりと変わっていた。その時、あなたはどう思うだろうか。「いきなり変更しないでほしい」と怒るか、それとも「UIの変化にはすぐに慣れる。使い勝手が改善されるならばどんどん変わっていい」と意に介さないだろうか。

 会計や販売、購買、生産といった企業を支える基幹系システムで今、こうした変化が起ころうとしている。基幹系システムを構築する際に利用するERP(統合基幹業務システム)パッケージのベンダーが、外資系を中心に相次ぎSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)に舵(かじ)を切っているからだ。

 いわゆる「クラウドERP」である。クラウドERPはERPベンダーがサービスとしてERPの機能を提供する。複数企業で同じアプリケーションを利用するので、バージョンアップのタイミングやUIのデザインはERPベンダーが決める。

 欧州SAPはERP「S/4HANA」で、オンプレミス版とSaaS版の両方を提供しているものの機能強化はSaaS版を中心に進める方針を示している。SAPの幹部はことあるごとに「SaaS版を利用してほしい」と訴えており、SaaS版の導入を進めたい意向が強く見てとれる。SAPと同様に米マイクロソフト(Microsoft)もERP「Dynamics 365」でオンプレミス版とSaaS版を提供しているが、クラウドファーストの方針でSaaS版の開発が先行する。

 米オラクル(Oracle)は、SaaS型としてのみ提供する「Oracle ERP Cloud」を、同社が持つERP製品を主力と位置づける。「Oracle E-Business Suite(EBS)」などオンプレミス環境向けのERPパッケージの開発を継続しているが、「ERP Cloudの導入を積極的に進めていく」(桐生卓常務執行役員クラウド・アプリケーション事業統括)方針だ。

スマホアプリ感覚でERPがバージョンアップ

 ERPパッケージベンダー側がクラウドERPに舵を切る一方で、基幹系システムに安定稼働を求める日本企業にとって、クラウドERPは採用しにくいのが現状だ。安定稼働のためにバージョンアップやシステム停止のタイミングなど、自社で決めたいと思うのは当たり前だからだ。

 クラウドERPを提供する各ベンダーは四半期に1度はERPをバージョンアップし、新機能をどんどん追加すると宣言している。クラウドERPを利用して基幹系システムを構築した場合、3カ月に1度、冒頭のように「ある日、出社してPCを立ち上げたら前日までと大きく異なるUIになっていた」といったことが起こり得る。スマートフォンのアプリのように、勝手にバージョンアップされていく感覚だ。これだけでも「勝手にバージョンアップされるなんてとんでもない」と感じる企業は多いだろう。

 さらにクラウドERPの場合、ERPの導入時に問題になる「自社の業務に合わない機能がある」ことの解決も難しい。今まで以上にERPの持つ業務プロセスに、自社の業務プロセスを合わせる必要が出てくる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら