日経 xTECHは2019年1月、IT/デジタルの仕事に関わるプロフェッショナルの実態を探るために「デジタルの仕事 3000人調査」を実施した。結果は日経 xTECHと日経コンピュータ 2019年3月21日号に掲載しているので、ご覧になった方もいると思う。

 2週間弱という短い期間にもかかわらず、2930件の有効回答を得た。調査にご協力頂いた皆様に、担当者の一人として改めてお礼を申し上げたい。

 驚いたのは、今後のキャリアに関して非常に多くの自由意見を頂いたことだ。調査記事で紹介できたのはごく一部だったが、全てを拝見し、いろいろ考えさせられた。多くは期待と不安が入り交じっており、どちらかというと不安の割合が高いように感じた。

 長文の意見をお寄せいただいた方も20人以上に上った。その中から6人の意見を若い年齢層から順に紹介する。センシティブな箇所を中心に表現を修正している点をご了承いただきたい。

会社がPMを外してくれない

 1人目はシステムインテグレーターに勤務している30代後半の回答者だ。

 いつまでもSEとして第一線で働き続けるのはしんどい。シングルマザーで幼い子供がいるのに、残業は月60~80時間。単身赴任生活をしていて、子供は実家の親に預けている。日曜の夕方に実家から自宅に戻るときに、毎回子供が過呼吸になるぐらい泣いている。保育園では、月曜に1日中「お母さん」と言って泣いて過ごしていると聞いている。

 こうしたことを会社に伝えても、会社はプロジェクトマネジャーを外してくれない。私はメンバーレベルに下りたいし、管理職を辞めたい。転職活動もしているが、激戦の社内SEを目指しており、なかなか決まらない。いつ今の仕事を辞められるかと思っているが、保育園のことを考えると次の仕事が決まってからでないと辞めにくい。50歳くらいには社内SEになって働きたいと思う。

 寄せられた意見の中で、この方が最も長く意見を述べていた。大変な状況の中で仕事を続けている姿勢に頭が下がる思いだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら