最近PDA(携帯情報端末)を購入した。英プラネットコンピューターズ(Planet Computers)の「Gemini PDA」という機種だ。クラウドファンディングで資金を調達して、2018年上半期に出荷が始まった。これに出資していち早く入手した、新しもの好きなモバイラーもいる。2018年12月には、パソコンのパーツや関連製品を扱うリンクスインターナショナルが日本の販売代理店となった。これにより、今は国内の家電量販店などでも買えるようになっている。

プラネットコンピューターズの「Gemini PDA」
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Gemini PDAはQWERTY配列のキーボードを搭載したクラムシェル型のAndroid端末だ。サイズは171.4×79.3×15.1ミリメートル、約310グラムで、マルチタッチに対応する横長の5.99インチ(解像度2160×1080)のディスプレーを搭載する。メモリーは4ギガバイト、内蔵ストレージは64ギガバイトでmicroSDによる増設も可能だ。通信機能はWi-FiとLTEを備える。またUSB Type-Cポートが2つあり、うち1つは本体の充電にも使用する。バッテリー容量は4220ミリアンペア時となっている。

  Gemini PDAの特徴はキーボードだ。キーピッチが14ミリメートルと、このサイズにしては広めで本格的。Gemini PDAのキーボードを見て、1990年代後半に売られていた英サイオンコンピューターズ(PSION Computers)の「PSION SERIES 5mx」を思い浮かべた人がいるかもしれない。似ていて当然で、プラネットコンピューターズのチーフデザイナーはサイオンのデザイナーだったという。そう言えば、PSION SERIES 5mxもキーボードが注目されていた。

 実は筆者はその昔、PSION SERIES 5mxと、さらに小型の「Psion Revo」を使っていた。自宅を探すとPSION SERIES 5mxが見つかった。Gemini PDAと並べると、構造や打鍵感などの違いはあるが、キーボードがやはり似ていた。プラネットコンピューターズのCEO(最高経営責任者)は同社サイトで、1990年代のミニキーボード搭載PDAは非常に使いやすく、忠誠心のあるファンが何百万人もいたと解説。「Geminiは最新の通信機能と1日持つバッテリー、タッチタイピング(が可能なキーボード)と多数のアプリを提供する、手のひらに載るデバイスだ」とし、「キーボード・イズ・バック」と締め、往年のファンの心をくすぐる。

PSION SERIES 5mx(左)とGemini PDA(右)は、キーボードの硬さや構造など違う点もあるが、よく似ている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら