閉じる

インタビュー

日経 xTECH

目次

  • “大きいハスラー”にはしない、スズキの小型車「クロスビー」

    <チーフエンジニアの葛藤> 髙橋正志(スズキ)

     スズキが2017年12月に発売したクロスオーバータイプの新型小型車「クロスビー」。2015年初めにクロスビーの開発責任者に就いた髙橋正志は、「ハスラーをそのまま大きくしたクルマにはしない」と宣言して開発をスタートさせた。大ヒットを記録した軽自動車「ハスラー」との“距離感”を探り続けた2年半だった。

  • 最後までぶれない姿勢を貫く、マツダ「CX-3」

    <チーフエンジニアの葛藤> 冨山道雄氏(マツダ)

     冨山道雄は小型SUV(スポーツ多目的車)「CX-3」の主査に就く前に、小型車の「デミオ」と「ベリーサ」(2015年12月に販売終了)の主査を務めていた。そのときに、いくつかの失敗をしたと打ち明ける。

  • 競合車を超える軽量化、ホンダ「N-BOX」の挑戦

    <チーフエンジニアの葛藤> 白土清成氏(本田技術研究所)

     2011年12月に発売したホンダの軽自動車「先代N-BOX」は、軽自動車の年間販売台数で4回首位を獲得した。軽自動車で最大級の車内空間を実現した他、背高タイプの軽ワゴンでトップクラスの低燃費を達成した。

  • 16年ぶりに独立するSUSE、「オープンなOSS会社」として飛躍の好機

    独SUSE ピーター・リース チーフテクノロジスト兼セールスエンジニアリングディレクター

     Linuxを主軸とするOSS(オープンソースソフトウエア)ベンダーの独SUSE(スーゼ)が2019年初頭にも独立会社となる。老舗ベンダーの同社は2003年以来、子会社として活動していた。独立会社となるのは16年ぶりだ。

  • 「技術者の顔色が変わってきた」、異端のJDI幹部が語る改革の手応えと課題

    JDI常務執行役員の伊藤嘉明氏に聞く(後)

     “日の丸液晶”の期待を背負い、2012年に発足したジャパンディスプレイ(JDI)。しかし創業から6年間、業績の下方修正や赤字決算が続いている。同社の改革を託されたのが、様々なグローバル企業を渡り歩いてきた異色の経営者、伊藤嘉明氏だ。異質な挑戦を続ける伊藤氏に、JDI改革の手応えと課題について聞いた…

  • チャットボットはカスタマサポートを駆逐せず、専業事業者が見る未来

    Zendesk 藤本 寛 社長

     チャットボットとのやり取りで問題が解決するようになれば、カスタマサポートの世界が大きく変わる。ただしZendeskの藤本寛社長は、「カスタマサポートの意義はもっと深いところにある」と語る。

  • ディーゼルを使わない、カローラの決断

    <チーフエンジニアの葛藤> 小西良樹氏(トヨタ自動車)

     世界で最も販売台数が多い車種が、トヨタ自動車の「カローラ」シリーズ(以下、カローラ)である。小西良樹が開発責任者になることを当時の専務役員だった吉田守孝(現・副社長)に告げられたのは、2015年のことだ。折しもドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)が、ディーゼルエンジンで排ガス不…

  • NASAはなぜニコンを選ぶのか? ”ミスター・ニコン”が語る信頼性へのこだわり

    ニコン フェロー 映像事業部 後藤哲朗氏

     ニコンはもともと信頼性の高さを自負しています。信頼性に重きを置くのは、創業がもともと軍需用光学機器に端を発しているからです。そして、戦後になってカメラ機材を作り始めたところ、優秀で丈夫なカメラということで市場でも好意的に受け入れられました。

  • ヘルメットはJDIを救うのか? 異端の経営者が語る改革の狙いと現在地

    JDI常務執行役員の伊藤嘉明氏に聞く(前)

     “日の丸液晶”の期待を背負い、2012年に発足したジャパンディスプレイ(JDI)。しかし創業から6年間、業績の下方修正や赤字決算が続いている。同社の改革を託されたのが、様々なグローバル企業を渡り歩いてきた異色の経営者、伊藤嘉明氏だ。伊藤氏は早速、「スマートヘルメット」や「IoTドア」など奇抜な新開…

  • 社会に生かせる「はやぶさ」技術、EVや集合住宅にも

    JAXA シニアフェロー 川口淳一郎氏に聞く(後編)

     小惑星からのサンプルリターンを世界で初めて成し遂げた、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ」。そのプロジェクトを引っ張ったのが、当時プロジェクトマネジャーを務めた現・JAXA シニアフェローで宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授の川口淳一郎氏である。前回は、同氏のバックボーンや…

  • エンジニアを信じられない、恐怖で惑うインプレッサ開発

    <チーフエンジニアの葛藤> 阿部一博氏(スバル)

     「インプレッサ」の全面改良は、社運を賭けたと言えるプロジェクトだ。車種数の少ないSUBARU(スバル)で、全面改良の位置付けは大手他社に比べて大きい。しかもプラットフォーム(PF)の刷新を兼ねた。2012年に開発責任者になった阿部一博は、重圧に押しつぶされそうになる。2014年に最初の試作車を開発…

  • ポイント会員1億人へ、ドコモ社長の自信と危機感

    吉沢和弘氏 NTTドコモ 社長

     携帯電話事業者から生活に密着したサービスの提供者へ――。NTTドコモが事業変革を急いでいる。改革の柱はポイント事業の強化だ。パートナー企業を拡大させてポイント会員を増やす。楽天にGAFAと未知のライバルが待ち受ける同社を舵取りする吉沢和弘社長に、次の一手を聞いた。

  • 電動車は終わる、テスラ株非公開化の一因か 米燃費規制緩和の衝撃

    <自動車アナリストに聞く> 杉本浩一氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

     米トランプ政権は2018年8月2日、自動車の燃費規制を緩和する具体案を発表した。日系自動車メーカーにとって米国は主力市場。オバマ前政権が決めた方針からの転換が実現すると、自動車開発への影響は大きい。自動車アナリストの杉本浩一氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)に、今後の見通しを聞いた。

  • 「はやぶさ」開発リーダーが語る、日本でイノベーションが起きない理由

    JAXA シニアフェロー 川口淳一郎氏に聞く(前編)

     小惑星「リュウグウ」の上空に現在滞在中の、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」。2020年末にリュウグウのサンプルを地球に持ち帰ることを目指す。こうした小惑星からのサンプルリターンを世界で初めて成し遂げたのが、先代の「はやぶさ」。そのプロジェクトを引っ張ったのが、当時プロジ…

  • 意識のアップロードの実現、20年後も夢ではない

    『脳の意識 機械の意識』の著者が起業へ

     「人間の意識を機械に移植することは、はるか彼方の夢と述べたが、その夢が実現する日は意外にも早く来るのではないか」。東京大学大学院工学系研究科 准教授の渡辺正峰氏が夢を現実にするため動き出した。大学発ベンチャーを近々立ち上げる計画である。狙いや展望を同氏に聞いた。

  • Wi-Fiセキュリティ規格WPA3は世代交代だ、KRACK対応だけが目的ではない

    Wi-Fi Alliance マーケティング担当バイスプレジデント ケビン・ロビンソン氏

     無線LAN機器に関する相互接続の認定プログラムの策定や推進などの活動を進めている業界団体、Wi-Fi Allianceは2018年6月、最新のセキュリティ規格であるWPA3を発表した。この規格はどのような特徴を持ち、いつ頃から本格的な普及が始まりそうか。マーケティング担当バイスプレジデントのケビン…

  • 「ロボットのプログラムもAIで不要に」、剛腕ロボット技術者の思い描く未来

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(下)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、今後の進化を加速させる技術としてAI(人工知能)を挙げる。制御プログラムの作成やティーチングなどこれまでロボット普及の妨げとなってい…

  • 「保守派に否定されると嬉しい」、剛腕ロボット技術者の闘い

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(中)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、米アップル(Apple)、とりわけ同社共同創業者の故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏と「iPhone」に多くの刺激を受…

  • 「全員が反対してもやる」、剛腕ロボット技術者の決意

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(上)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」は、1台のコントローラーで複数のロボットを制御する「統合制御」を実現し、従来の「ロボットごとにコントローラーが必要」という常識を打破した。工場のスマート化を急ぐ自動車メーカーなどから、多くの引…

  • もうCADの会社と呼ばないで、ダッソー山賀社長

    ダッソー・システムズ 代表取締役社長 山賀裕二氏

     3D CADソフト「CATIA」の開発を手掛ける仏ダッソー・システムズの業績が好調だ。2017年11月から日本法人の舵取りを任された山賀裕二社長は日本IBMや日本マイクロソフト、セールスフォース・ドットコムの幹部を歴任した経験を生かし、営業体制の強化を急ぐ。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

もっと見る