安全技術に力を入れていることで知られる自動車メーカーのスウェーデン・ボルボ(Volvo)。新型ワゴン「V60」の日本での発表に合わせて、同社のセーフティ・センターでディレクターを務めるヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏が来日した。新型V60で初搭載となった安全機能や、2020年までに死亡者・重傷者ゼロという目標に向けた取り組み、レベル3を飛ばしてレベル4の自動運転機能の開発を進める背景について聞いた。

Volvoのセーフティ・センターでディレクターを務めるJan Ivarsson氏
Volvoのセーフティ・センターでディレクターを務めるJan Ivarsson氏
写真:加藤 康
[画像のクリックで拡大表示]

新型V60では、逆走してくる4輪車との衝突による被害を自動ブレーキで軽減する「City Safety-対向車対応機能」を世界で初めて実現した。この機能の開発では、どんな課題があり、どう解決したのか。

 今回のV60では、City Safetyというコンセプトの中に、衝突回避とか衝突被害軽減といったさまざまな機能を盛り込んでいる。その中で重要なのは、何をもってプラス効果とするのか、誤検知による介入と見なされないためにはどうすべきか、といった点である。質問の逆走車に対する衝突被害軽減の難しさでは、逆走車が近づいてくるということをどの段階で検知しどのタイミングで介入すべきか、ということである。

 本来であれば運転者が自らその状況を判断して運転しなければならないところを、もし早い段階で介入すると、運転者のいらつきや、思わぬ事故を招くということにつながる。あくまでも運転者が責任を持って運転しなければならない。どの段階で運転者がもう策を打てないと判断し自動機能を発動させるかが一番難しい。そのためには、通常の走行運転がどういうものかを理解することが重要になる。

新型ワゴン「V60」
新型ワゴン「V60」
逆走してくる4輪車との衝突による被害を自動ブレーキで軽減する機能を世界で初めて搭載した。
[画像のクリックで拡大表示]
V60に搭載した「City Safety-対向車対応機能」
V60に搭載した「City Safety-対向車対応機能」
同一車線を逆走してきた車両との正面衝突が避けられないと判断した時に、警告を発しながら自動でブレーキを制御し最大10km/h減速し、前席のシートベルトを巻き取りながら衝突被害を軽減する。対向車が4輪車で、直線路に限定した機能。自車の両側の車線が判別でき、かつ自社の車速が4km/h以上の場合に作動する。出所:Volvo
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら