メルセデス・ベンツ日本が2019年7月からWebでの商談予約を開始したドイツ・ダイムラー(Daimler)の新型電気自動車(EV)「EQC」(図1関連記事)。その発表に合わせて同車の開発責任者であるミヒャエル・ケルツ(Michael Kelz)氏が来日した(図2)。EQCは、高級ブランド「メルセデス・ベンツ」としては日本初となるEV。プラットフォームに後輪駆動ベースの既存のエンジン車やプラグインハイブリッド車(PHEV)と同じ「MRA(Modular Rear-wheel drive Architecture)」を採用し、既存のSUV(多目的スポーツ車)「GLC」ベースとする車種である。また、駆動モーターには、EVに一般的な永久磁石型同期モーター(PMSM)ではなく非同期モーター(ASM)を採用する。同氏に、それらを選定した背景などを聞いた。

図1 メルセデス・ベンツのEQC
図1 メルセデス・ベンツのEQC
同ブランドとしては日本初となるEV。ドイツでは2019年3月から量産を開始している。中国でも同年8月から生産を開始する予定。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 EQC開発責任者のミヒャエル・ケルツ氏
図2 EQC開発責任者のミヒャエル・ケルツ氏
日本でのEQCの発表会に合わせて来日した。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

EQCのプラットフォームに既存のガソリン車やプラグインハイブリッド車(PHEV)と同じMRAを採用した理由は何か。

 (EVである)EQCは(販売)台数を予測しにくい。補助金がどうなるかでその台数は変わる。また、EVの生産は、電池の生産量によっても制約を受ける。既存のエンジン車と同じプラットフォームを使えば、同じ生産ラインが使え、(車種ごとの生産台数の調整で)工場の稼働率を高められる(図3)。将来、EVの生産量が安定してくれば、EV専用のプラットフォームを用意することになるだろう。

図3 EQCは既存のエンジン車やPHEVと同一のラインで生産する
図3 EQCは既存のエンジン車やPHEVと同一のラインで生産する
狙いは生産に最大限の柔軟性を持たせること。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

EQCは、中型SUVのGLCをベースとした車種とした。その理由を聞きたい。

 中型SUVをベースとしたのは、このセグメントが世界で一番成長しているからだ。顧客は、中型SUVの利便性の高さを求めており、同時に速く走りたいという願望を持っている。GLCは、我々が想定した以上に走りが優れている。多くの顧客を獲得できる車種だと見ている。

EQCでは、前後の車軸に駆動モーターを配置している。そのモーターに、EVで一般的なPMSMではなくASMを選んだ。なぜか。

 1つは、効率を重視したためだ。EQCでは、効率を高めるために長距離運転時(低負荷領域での走行時)は前部のモーターだけで駆動する(図4)。このとき、(駆動力を発生せずに成り行きで回転している)後部のモーターが効率を悪化させてはいけない(ASMは、永久磁石界磁でないため、PMSMのような逆起電力による効率悪化が発生しない)。

図4 EQCのフロントフード下
図4 EQCのフロントフード下
中央にパワー・コントロール・ユニット(PCU)と思われるユニットが見える。その下に配されているのが前部のモーターを含む駆動アクスルと見られる。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、出力を重視したためだ。効率の最大化を意識した前部のモーターとは違い、後部のモーターでは出力を重視している。PMSMは(駆動時の)効率は高いが出力は小さい。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら