「人間の意識を機械に移植することは、はるか彼方の夢と述べたが、その夢が実現する日は意外にも早く来るのではないか」。自著『脳の意識 機械の意識』(中公新書、2017年)にそう書いた東京大学大学院工学系研究科 准教授の渡辺正峰氏が、夢を現実にするため動き出した。脳とコンピューターを多数の接点で繋げるBMI(Brain Machine Interface)技術を核にしたベンチャー企業を近々立ち上げる計画である。その先に見据えるのが、人の意識をコンピューターに移植(アップロード)する技術の完成だ。ベンチャー設立の狙いと、技術の理論的背景や展望を同氏に聞いた。(聞き手=今井 拓司)

東京大学大学院工学系研究科 准教授の渡辺正峰氏
[画像のクリックで拡大表示]

 『脳の意識 機械の意識』で語ったアイデアを実現するために、ベンチャー企業を立ち上げる準備を進めています。協力を申し出てくれた、起業の経験があるパートナーと一緒に設立する計画です。

 究極の狙いは、人の意識を機械に移植(アップロード)することです。本に記した意識に関するいくつかの仮定が正しく、デバイスの開発がとんとん拍子で進めば、20年後の実現もまったくの夢ではありません。ぜひそれを自分の手で達成してみたい。自分は死にたくありませんから(笑)。ただし、一足飛びには実現できませんし、ベンチャーとしてお金を稼ぐ必要もありますから、まずは2〜3年くらいでマネタイズ(収益化)できる事業を考えています。

 これまで私は、東京大学やドイツのマックス・プランク研究所で研究を続けてきました。今になって大学発ベンチャーの設立を考えたのは、大学の一研究室の規模では、私の目の黒いうちにはとても実現がかなわないと考えたからです。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら