ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、今後の進化を加速させる技術としてAI(人工知能)を挙げる。制御プログラムの作成やティーチングなどこれまでロボット普及の妨げとなっていた作業が、AIによって大幅に自動化されるという未来を描く。

ベースとなる最大公約数の部分が完成したAdvanced Robotics Automation Platformは、これからどう発展していくのでしょうか。

村松啓且(むらまつ・ひろかつ)
ヤマハ発動機 先進技術本部研究開発統括部長。2014年、同社 ビークル&ソリューション事業本部IM事業部ロボットビジネス部長。2017年7月、同事業部FA統括部長。2018年1月より現職。(写真:加藤 康)

村松 まずは市場を大きくしていかないといけないので、ロボティクスの領域を拡大していこうと思います。それに向けた武器の1つが、コンベヤーモジュールの「LCM-X」です。

 今、デジタル化といわれていますが、搬送というのは意外とアナログな部分が残っていて、工程としても管理しにくい。そこにロボットを導入することでフルデジタル化して、ライン全体を1つの大きなロボットシステムとして考えましょうという提案です。具体的には、ラインとラインをつなぐ工場内搬送なども狙っています。

 もう1つは、AIです。AIについては、非常にシンプルに考えています。まずプログラムレス化、次にティーチングレス化、そしてティーチングの一部ともいえますが調整レス化。これをひたすら追求します。

 我々のロボットは組み立て系が得意でして、組み立て系だと物を取って別の場所に置く「ピック・アンド・プレース」という作業が発生します。このピック・アンド・プレースでまずはAIによるプログラムレス化を進めていこうと思っています。

 今、人と一緒に作業する協働ロボットが話題になっていますが、あれだけでは本当に効果が出るとは私には思えません。例えば、作業者が急に3日ぐらい休むことになったとして、代わりをわざわざロボットにやらせるかといったら、絶対にそんなことはありません。ロボットにやらせるには、プログラムもティーチングも必要です。そんなに頑張ってたった3日しか使わないなんてもったいないし、そもそも間に合わないでしょう。

 そこでAIを使います。例えば、カメラの映像を学習させたら、30分ほどで人の代わりができるようになるとか、それぐらいのシステムにならないと、人とロボットの協調とはいえません。我々は、まずそれをやります。

プログラムを作るのではなく、作業の映像を学習させると。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら