米シリコンバレーを拠点とするベンチャー企業のM&A(合併・買収)に踏み切ったテクノスジャパン。ERP(統合基幹業務システム)の導入支援を主力事業とする同社の狙いはどこにあるのか。創業以来初となる海外企業のM&Aに踏み切った理由を、社長の吉岡隆氏に聞いた(図1)。
 今回の買収を実際に手掛けたのは、テクノスジャパンの米国子会社であるTecnos Global Company of America(TGCA)だ。TGCAでCEO(最高経営責任者)を務める山下誠氏にも、テレビ会議でインタビューに参加してもらった。

(聞き手は久米 秀尚=日経 xTECH/日経Automotive)

シリコンバレーに本社を置くクラウドインテグレーターの米リリック(Lirik)の発行済み株式の95%を、2018年6月18日(米国時間)までに取得した。買収額や狙いを聞きたい。

図1 取材に応じたテクノスジャパン社長の吉岡隆氏
[画像のクリックで拡大表示]

吉岡氏 買収額は332万5000ドル(1ドル=110円換算で3億6575万円)だ。当社の主力事業であるERPにビッグデータを融合させることで競争力を高めるのが狙いである。ERP市場は現在非常に好調で、調子のよいときに新たな事業の柱を作るべきと判断した。

 もう一つ、テクノスジャパンのグローバル展開を見据えても海外事業を育てていく必要があった。現在はほとんどの顧客が日本企業で、米国市場を攻めたいと考えてきた。

 当社は2013年に、Tecnos Research of America(TRA)という会社をシリコンバレーに設立した。最新技術の動向を探るのが目的だった。TRAに米国での販売拠点としての役割も持たせるため、2017年に社名を変えてTGCAにした。

 こうしたミッションで動いていたTGCAの山下氏が見つけてきたのがLirikだった。LirikはCRM(顧客情報管理システム)の「Salesforce.com」などを中心に導入するインテグレーターである。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら