スタートトゥデイは2018年4月1日、新会社スタートトゥデイテクノロジーズを設立した。スタートトゥデイの開発を担うスタートトゥデイ工務店と2017年に買収したVASILY、福岡の大学発ベンチャーであるカラクルの子会社3つを合併した。

 スタートトゥデイテクノロジーズの社長にはスタートトゥデイ工務店の久保田竜弥氏が、CIO(最高イノベーション創造責任者)にはVASILYの金山裕樹氏が就いた。また設立と同時に、「7人の天才と50人の逸材求む」と題し、年収を最大1億円に設定した人材募集を開始して注目を集めた。スタートトゥデイテクノロジーズは今後、スタートトゥデイの中でどのような役割を果たすのか、奇抜な人材募集のアイデアはどのような経緯で生まれたのか。金山氏に話を聞いた。

スタートトゥデイテクノロジーズの金山裕樹氏

3社を合併した理由は

 ノウハウや技術の集約化が主な理由です。「車輪の再発明をしない」ということに尽きます。細かい作業でいえば、メルマガを最適化するプログラムを3社がそれぞれ作成するといったようなことが発生していたのが現状でした。3社ともエンジニアが8割の会社ですから、1つになって人材交流が進めばもっとシナジーが生まれるはずです。

 個人的な感覚としても、早く一緒になるべきだと思っていました。例えばグループ会社とはいえスタートトゥデイとは別会社ですから、スタートトゥデイのデータを使いたくても使いづらかったり、遠慮してしまったりするケースが現場ではあったと思っています。例えば、データをほしいと言っても「確認しますね」となり、時間がかかるといったような、どの会社にも発生するようなことがここでも起きていました。「別会社」という意識がお互いの気持ちのどこかで業務に支障をきたしていたと思います。

設立と同時に発表した「7人の天才、50人の逸材」の人材募集はどのような意図があったか

 この会社が技術に投資していくという1つのメッセージだと思っています。1億円あげるから来てね、というよりは、そういう人材に来て欲しいというメッセージ。それくらいの人材に出会いたいという気持ちです。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら