より無駄を少なくしようとする価値観の高まりにより、リユース(中古)市場が盛り上がりを見せている。総務省が2018年4月に発表した「平成29年度電子商取引に関する市場調査」によると、顕在化しているリユース市場は2兆1000億円にも上るようだ。では実際、2018年によく取引された商品にはどんなものがあって、2019年に注目すべき商品は何があるのか。29の買取専門サイトを抱えるネット型リユース業大手のマーケットエンタープライズでリユースエバンジェリストを務める高野 浩志氏(同氏の連載「モノが売れない時代の消費動向」はこちら)に、2018年を振り返り、2019年を占ってもらった。第1回となる今回は、2018年によく売れたものを聞いた。

(聞き手は加藤 雅浩=日経 xTECH/日経エレクトロニクス)

高野 浩志(たかの・ひろし)
マーケットエンタープライズ リユースエバンジェリスト

マーケットエンタープライズはネット型総合リユース企業として多様な商品カテゴリーを扱っている。直近(2018年)のリユース(中古)市場を振り返ってみて、よく売れたものは何か。

 大きく3つある。「ゲーミングPC」「スティック掃除機」「ミラーレスカメラ」だ。この中でも飛び抜けて売れたのがゲーミングPCである。2018年は数量・販売額とも2016年比で1000%を超えた(図1)。このゲーミングPCが押し上げる形で、PC全体も伸びている(同下)。

図1 ゲーミングPCとPC全体の成長率の年次推移
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、PC全体に占めるゲーミングPCの割合(構成比)は数量でようやく約6%に達したところ(図2)。販売額でも約10%の構成比だ。通常、この程度の構成比では全体を押し上げたりしない。ゲーミングPCの影響が大きく出たのは、(もともと高い)単価が上がり続けているからだ(同下)。

図2 PC全体に占めるゲーミングの構成比と単価の年次推移
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]

 リユース市場では一般に、数量が伸びると単価が下がり、伸びが鈍る。ところがゲーミングPCは3年連続で単価が上昇していることから、まだまだ伸びる。2019年には販売額の構成比で30%を超えると見ている。

 ゲーミングPCの人気の要因はeスポーツにある。メーカーもeスポーツに向けた製品を作り始めている。これまでのゲーミングPCは自作PCの世界であって、PCの知識がない人は手を出せなかった。今は裾野が大きく広がった。

ゲーミングPC以外の中古PCはどうか。2020年1月にサポートが終了するWidows 7の影響は。

 ゲーミングPCを除く中古PC市場は横ばいで推移している。OS別で言えば、Windows 7機の中古市場が消滅しようとしている。OSを入れ替えるにはスペックが低く、もう買い取れない。こうして単価の低い中古Windows 7機が消えつつあることも、PC全体の平均単価を押し上げる要因になっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら