閉じる

インタビュー

日経 xTECH

目次

  • 意識のアップロードの実現、20年後も夢ではない

    『脳の意識 機械の意識』の著者が起業へ

     「人間の意識を機械に移植することは、はるか彼方の夢と述べたが、その夢が実現する日は意外にも早く来るのではないか」。東京大学大学院工学系研究科 准教授の渡辺正峰氏が夢を現実にするため動き出した。大学発ベンチャーを近々立ち上げる計画である。狙いや展望を同氏に聞いた。

  • Wi-Fiセキュリティ規格WPA3は世代交代だ、KRACK対応だけが目的ではない

    Wi-Fi Alliance マーケティング担当バイスプレジデント ケビン・ロビンソン氏

     無線LAN機器に関する相互接続の認定プログラムの策定や推進などの活動を進めている業界団体、Wi-Fi Allianceは2018年6月、最新のセキュリティ規格であるWPA3を発表した。この規格はどのような特徴を持ち、いつ頃から本格的な普及が始まりそうか。マーケティング担当バイスプレジデントのケビン…

  • 「ロボットのプログラムもAIで不要に」、剛腕ロボット技術者の思い描く未来

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(下)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、今後の進化を加速させる技術としてAI(人工知能)を挙げる。制御プログラムの作成やティーチングなどこれまでロボット普及の妨げとなってい…

  • 「保守派に否定されると嬉しい」、剛腕ロボット技術者の闘い

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(中)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、米アップル(Apple)、とりわけ同社共同創業者の故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏と「iPhone」に多くの刺激を受…

  • 「全員が反対してもやる」、剛腕ロボット技術者の決意

    ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長 村松啓且氏(上)

    ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」は、1台のコントローラーで複数のロボットを制御する「統合制御」を実現し、従来の「ロボットごとにコントローラーが必要」という常識を打破した。工場のスマート化を急ぐ自動車メーカーなどから、多くの引…

  • もうCADの会社と呼ばないで、ダッソー山賀社長

    ダッソー・システムズ 代表取締役社長 山賀裕二氏

     3D CADソフト「CATIA」の開発を手掛ける仏ダッソー・システムズの業績が好調だ。2017年11月から日本法人の舵取りを任された山賀裕二社長は日本IBMや日本マイクロソフト、セールスフォース・ドットコムの幹部を歴任した経験を生かし、営業体制の強化を急ぐ。

  • 日立や日産も採用、AI時代の学習システムとは

    米コーナーストーンオンデマンド マーク・ゴールディンCTO(最高技術責任者)

     AI(人工知能)の進化は、企業の人材戦略に変化を迫っている。企業が生き残り、成長するために、今後どんな人材を確保していくべきなのか。タレントマネジメントや学習管理システムを手掛ける米コーナーストーンオンデマンドのマーク・ゴールディンCTOに聞いた。

  • ネット常時同時配信を容認、総務省がNHKに突きつけた条件

    総務大臣政務官 衆議院議員 小林史明氏

     総務省の有識者検討会は2018年7月13日、NHKが2019年度に開始を計画しているテレビ放送のインターネット常時同時配信を条件付きで容認する報告書案をまとめた。解禁には「受信料の体系・水準の見直し」が必要と明記し、受信料の引き下げを求めた。

  • 犯罪がサイバー領域に移行、愉快犯は減ってプロ化が進行中

    米サイバーリーズン リオール・ディブCEO兼共同創業者

     AIを活用した企業向けサイバー攻撃対策プラットフォームを手掛ける米サイバーリーズン。リオール・ディブCEO兼共同創業者はイスラエル国防軍8200部隊(諜報機関)の出身。近年のサイバー攻撃の傾向や今後の見通しなどを聞いた。

  • 元F1レーサー中嶋悟が語る「百分の1秒の戦い」制すデータ活用

    有限会社中嶋企画 代表取締役社長 中嶋悟氏

     「中嶋悟(なかじま・さとる)」と聞けば、かつてのF1レーサー時代の雄姿を思い出す読者も多いだろう。同氏は今、レーシングチーム「NAKAJIMA RACING」のオーナーとして全日本スーパーフォーミュラ選手権(SUPER FORMULA)に参戦している。2018年7月7~8日には、静岡県の富士スピー…

  • NEC業績低迷の真相、新野社長の反省と覚悟

     業績低迷に苦しむNECが社運をかけて変革に挑んでいる。2018年4月に外部人材を副社長に招き、7月には米国に新規事業開発の新会社を設けた。中期経営計画の未達が続くなか、一連の改革は成功するのか。それともまた失敗に終わるのか。新野隆社長にこれまでの「反省」と改革に向けた「覚悟」について聞いた。

  • 3.7億円で米ベンチャーを買った理由は「顧客情報とインド」

    テクノスジャパン社長の吉岡隆氏に聞く

     米シリコンバレーを拠点とするベンチャー企業のM&A(合併・買収)に踏み切ったテクノスジャパン。ERP(統合基幹業務システム)の導入支援を主力事業とする同社の狙いはどこにあるのか。創業以来初となる海外企業のM&Aに踏み切った理由を、社長の吉岡隆氏に聞いた。

  • AIが再び冬の時代を迎えるのを回避、統計ソフト老舗のSAS幹部が提言

    米SAS Institute COO 兼 CTO オリバー・シャーベンバーガー氏

     データ分析ソフトの老舗である、米SAS InstituteのCOO(最高執行責任者)兼CTO(最高技術責任者)であるオリバー・シャーベンバーガー氏は「AI(人工知能)が再び『冬の時代』を迎えるのは何としてでも避けたい」と、熱狂するAIが一時的なブームに終わることを危惧する。

  • ベトナムFPTが日本事業を再構築へ、沖縄で大学建設計画も

    FPTコーポレーション チュオン・ザー・ビン会長

     ベトナムITの雄で、対日オフショア開発を数多く受託してきたFPTグループが変革の時を迎えている。上流工程に特化した新会社を2018年7月にスタートさせ、開発案件を一手に引き受けられる体制構築への足掛かりとする。

  • スキャンダルと無縁のVTuberが企業の新たな“広告塔”になる

    自らもVTuberとして活動するエクシヴィ代表取締役社長の近藤“GOROman”義仁氏が語る

    急成長を続ける「バーチャルYouTuber(VTuber)」。その人数は半年間で3000人を超え、日本の観光大使にも任命されるなど、活躍の場を広げている。自らVTuberとして活動し、VTuber配信ツールを手掛け、最初期からアドバイザーとしてもVTuberに携わるエクシヴィ 代表取締役社長の近藤“…

  • 5Gの新たな脅威は中国、CIA元幹部が語る

    TRUSTICA 会長 マーク・ケルトン氏

     IoTセキュリティを手掛けるTRUSTICA。会長を務めるマーク・ケルトン氏は、30年以上にわたって米中央情報局(CIA)で勤務した経歴を持つ。様々なデバイスがつながる5G時代が到来したとき、新たに求められるセキュリティについて聞いた。

  • 3Dプリンターで製品の機能を最適化

    マテリアライズ社 CEOのフリード・ヴァンクラン氏に聞く

     3Dプリンティング用のソフトウエアや工業/医療用の造形サービスなどを手がけるベルギーのマテリアライズ社。1990年に同社を創業したCEOのフリード・ヴァンクラン氏に、欧州における3Dプリント活用の実態と動向を聞いた。

  • 高まる車載ディスプレーの存在感、欧州勢が求める“形”とは

     ディスプレー業界で、自動車・車載に対する関心が高まっている。25回目を迎えるディスプレー関連の国際会議「AM-FPD18」(2018年7月3~6日、京都市)では、次世代の車載ディスプレー開発に焦点を合わせたシンポジウムが会期中の7月4日に開催される。シンポジウムには、ドイツ・ダイムラー(Daiml…

  • 日本とイスラエルを結ぶ直行便が欲しい、ビジネスの第一歩は訪問から

    イスラエルのベンチャーキャピタルのキーパーソンに聞く

     シリコンバレーに並ぶと言われるほどベンチャーやスタートアップの起業が盛んなイスラエル。同国のスタートアップと協業する日本企業も多くなってきたが、まだ一般的には同国は遠い国だ。

  • AI企業買収は30分で決めた、資生堂社長が明かす520億円投資の深謀

    資生堂 社長 魚谷雅彦氏

     資生堂がAIなどのデジタル関連投資を急拡大させている。2020年度までの中期経営計画で約520億円を投じると明かしている。魚谷雅彦社長はビジネスや業務のデジタル化を「今後3年間の最優先事項として進めたい」と意気込む。デジタル投資を加速させる狙いと経営戦略を魚谷社長に聞いた。

日経 xTECH SPECIAL

経営

クラウド

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る