芥川賞・直木賞の授賞式などで知られる東京・日比谷の「東京會舘」が、約4年間の閉場を経て明日、2019年1月8日に再開場する。

皇居側(西側)から見た全景。新築された丸の内二重橋ビルの中に東京會舘新本舘はある(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

内覧会で挨拶する東京會舘の渡辺訓章代表取締役社(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 18年12月13日に行われた内覧会で、東京會舘の渡辺訓章代表取締役社長は、「新本舘のコンセプトは『ニュークラシックス(NEWCLASSICS.)』。2020年の100周年に向けて、今の価値を守っていくだけでは難しい。守るべきところは守りながら、変えるべきところは変えた」と語った。

 確かに新本舘は、谷口吉郎(1904~79年)による旧東京會舘ビルのモダニズム的デザインとは一線を画するものとなっている。それでいて、要所要所に旧ビルを思い出させる工夫もある。

 まずは、建て替えまでの経緯を振り返ってみよう。

 建て替え前の旧東京會舘ビルは1971年竣工。基本設計を谷口吉郎が、実施設計と監理を三菱地所が担当した。地下5階・地上12階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造。宴会と飲食の機能に特化。芥川賞・直木賞の発表と授賞式が開催されていたことで知られ、作家など文化人にもファンが多い。

建て替え前の旧東京會舘ビル。1971年に竣工。2015年1月31日に営業を終了し、同年2月から解体工事に入った(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 建て替え前のビルは、東京會舘本舘としては二代目。渡辺社長が言う「ニュークラシックス=新しくて伝統的」というコンセプトは、むしろ初代本舘の様式建築のイメージに現代性を加えたものといえるかもしれない。

初代東京會舘の外観。ルネサンス様式で、淡いクリーム色のタイルとモルタルの壁に施された装飾が特徴的な建物だった。玄関の庇(写真右下)のアイアンワークや4階の窓まわりの装飾などは、今回の新本舘のデザインモチーフとなっている(写真:東京會舘)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京會舘の創業は1922年(大正11年)。「誰でも気軽に利用できる民衆のための社交場」を目指し、東京商業会議所会頭を務めた藤山雷太らにより、設立された。初代の旧本舘はルネサンス様式を取り入れた洋風建築だった。

 71年に初代本舘を建て替えることとなった理由は、設備の老朽化などのほか、64年に開催された東京五輪の影響が大きかったようだ。60年代の都心は東京五輪を控えて、パレスホテルやホテルオークラ、東京プリンスホテルなどの大型ホテルが次々と建設され、宴会場が急増した。そのなかで、競争力を高めるために、2代目本舘へと建て替えられた。

 基本設計を担当した谷口吉郎は、オフィス街は情緒的性格が欠けた味気ない街になりがちであると考え、社交場の華やかなイメージを印象付ける色彩にこだわった。分かりやすいのが1、2階の外装だ。丸の内に昔あったレンガ通りの面影を再現するかのように、朱泥(赤茶色)タイルと黒御影石を使って街路に彩りを与えた。

 それに対して、3階以上のオフィスフロア部分などは縦に細長い窓とし、通りを挟んで立つ国際ビルの外観とリズムをそろえた。帝国劇場などが入っている国際ビルは、東京會舘ビルを建てる前、66年に同じく谷口吉郎の設計で竣工した建物だ。

建て替え前。谷口吉郎が設計した2棟が日比谷通りに並んで立っていた。奥の国際ビル(1966年竣工、帝国劇場などが入る)は今も健在(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 谷口による2代目本舘についてもっと知りたい方は、閉場時のリポートをお読みいただきたい(谷口吉郎が余韻にこだわった東京會舘ビルが閉館

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら