東京を題材に、地下を含む3D(3次元)都市データをつくる取り組みが進展している。最前線でプロジェクトを率いるライゾマティクスの齋藤精一代表取締役に聞く。

 「日本の3D測量技術は非常に優れている。航空レーザー測量も他国と比較して発達している方ではないか。それなのに、地形の起伏の激しい日本で、なぜ地図の3D化は進まないのか。そんな疑問から始まっているプロジェクトだ」

 経済産業省からの委託事業であるプロジェクト「3D City Experience Lab.」(3Dシティ・エクスペリエンス・ラボ)を手掛けたクリエイティブプロダクション、ライゾマティクスの齋藤精一代表取締役は、こう語る。

 もうひとつ、齋藤氏を駆り立てている思いがある。

 デベロッパーからの依頼により、ライゾマティクスとして都市開発プロジェクトにおけるコンセプトのデザインや施設のブランディングの仕事に携わる機会が増えてきた。「その最初の頃に、このままでは”危険”だな、と思った」

 「東京のいろんなところで同時多発的に大規模の都市開発が起こっている。幾つかの有識者会議などに呼ばれて分かったのは、ほとんどの皆さんが同じようなものをつくろうと考えている。国家戦略特区の容積率の緩和などを受けようとするときに、計画が似通ってしまう問題がある」

 「もっと全体を俯瞰して眺める方法があれば、なるほどこういう事業者が集まっているエリアなのか、といった特徴が分かる。そこに、どういう機能を集積させるのがいいのか。住宅なのかオフィスなのか商業なのか。そうした計画を立てるための情報プラットフォームが必要だな、と痛感した」

「3D City Experience Lab.」プロジェクトから生まれた「Shibuya 3D DATA × GEOLOCATION」。渋谷の3D都市データに建物の高さ情報、用途情報などを関連付けてビジュアル化する試み(出所:ライゾマティクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 3D都市データの用途は様々に考え得る。

 簡単な例としては、ダンジョン(迷路)的になっている渋谷駅の地下を案内したり、工事の進み具合を可視化したりできる。あるいは、こうしたインフラ整備に用いられている日本の土木技術を説明するために使う──。

 「今どういう3D化のニーズがあるのか、3D化しようとすると、どういう障壁があるのか。あるいは、それらをどう表現できるのか、どういう美しさがあるのか。多角的に検証するために始めた」と齋藤氏は説明する。

齋藤精一・ライゾマティクス代表取締役(撮影:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら