「2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)は、日本の先進性を世界にアピールする大きなチャンスになる」――。日本自動車工業会(JAMA)会長の西川広人氏は、自動車業界の首脳陣を前に語気を強めた。2018年1月に都内で開催した業界の新春賀詞交歓会には、自動車メーカーや部品メーカーの首脳約1700人が集結。東京五輪を契機に、日本の先端モビリティー技術を世界に示そうと呼び掛けた。

 「激安電気自動車(EV)」「自動運転サービス」「乗り捨て自転車」「すぐ乗れるタクシー」「環境世界一の燃料電池車(FCV)」「誰でもモビリティー」――。世界有数の大都市である東京都。2020年にこの地は世界に向けた先端技術の“ショーケース”となる(図1)。東京都が抱える人口の増加や一極集中、環境対応車、自動運転への対応といった課題を新技術で解決できれば、2020年以降、巨大な世界市場への扉が開く。

図1 2020年の東京はモビリティー技術を集めたショーケースに
東京オリンピック・パラリンピックでの交通課題を解決できれば、巨大な世界市場への扉が開く。「激安EV」や「自動運転サービス」、「乗り捨て自転車」や「すぐ乗れるタクシー」、「環境世界一のFCV」や「誰でもモビリティー」などで、世界に技術力を示せるか。(イラスト:楠本礼子)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京の交通網は大きく変わる。次世代モビリティーとして「すぐ乗れるタクシー」や「乗り捨て自転車」などが普及。スマートフォン(スマホ)のアプリケーション(アプリ)を使い、待ち時間無しで利用できるようになる。さらに、老若男女・車いすでも乗り降りしやすい「誰でもモビリティー」が新しい移動手段となる。

 環境対応車では、電池の低コスト化により、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の普及が見えてくる。車両価格が200万円台の「激安EV」や、コストを1/2にして普及を狙った「環境世界一のFCV」などが登場する。「自動運転サービス」の導入も進み、難関だった首都高速道路を攻略できるようになる。

人口増加で崩れる都心の交通網

 「いったい何時になれば帰れるのか」――。JR渋谷駅で電車を待つ20代の男性会社員は、雪が降りしきる夜空を見上げてこうつぶやいた。2018年1月22日、日本列島を襲った強い寒気と降雪によって都心の交通網は崩壊。交通の要となる電車では運転の見合わせや遅延が相次ぎ、渋谷や池袋などの主要駅には人が溢れた。他の交通手段に切り替えようにも、バス停やタクシー乗り場には長蛇の列。結局この男性は、数時間電車を待ち家路についた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら