日産自動車の副社長で電気自動車(EV)事業の責任者を務めるDaniele Schillaci氏は、「新型リーフはEVではない」と訴える。EVであることは揺るぎのない事実だが、Schillaci氏の言葉から、電動パワートレーン以外の機能や商品力を訴求したい日産の本音が透けて見えた。

 日産が新型リーフで多く盛り込んだのが「自動運転技術」で、代表的なのが運転支援システム「プロパイロット」である。自動車専用道路の単一車線における車線維持機能で、同社の「セレナ」「エクストレイル」に続いての採用となった。

沖縄自動車道の走破を目指す

 同技術の特徴は、単眼カメラ1個で実現したことだ(関連記事:分解調査:リーフの前方監視カメラにモービルアイの画像処理チップ発見)。単眼カメラで車両前方の車線の区画線(白線や黄線)や先行車を検知する。

図1 沖縄自動車道で自動車線維持機能を検証
[画像のクリックで拡大表示]

 競合する多くの自動車メーカーも車線維持機能を実用化しているが、より高価なセンサー構成となっている。例えばSUBARU(スバル)はステレオカメラを使う。ドイツ・ダイムラー(Daimler)はステレオカメラとミリ波レーダーを組み合わせる。

 本当に単眼カメラ一つで車線を維持してくれるのか――。日産がリーフの目玉機能として盛り込んだプロパイロットの実力を、沖縄自動車道で試してみることにした(図1)。急カーブや勾配変化が少ないことで知られる沖縄自動車道だけに、事前の予想は「余裕で完全走破」。だが我々は、過信は禁物という原則を再確認することになった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら