「マグネシウム(Mg)合金は今、最もホットな金属材料だ」。日本マグネシウム協会の平野省吾氏はこう語る。事実、Mg合金の需要は急増している。オーストラリアのコンサルティング企業であるCMグループの予測によれば、2016年に約85万tだった世界のMgの需要量は、今後10年の間、年率6%の成長を続け、2026年には157万tと2倍近くに達する(図1)。

Mg合金の採用に積極的な欧米自動車メーカー

 こうした急速な需要増を引き起こしているのが、自動車の軽量化ニーズだ。自動車部品に使うダイカスト用Mg合金の需要を見ると、2016年の約23万6000tから年率10.3%で増加し、2026年には約57万tと2倍を超える見込みである。

図1 Mg地金の世界の需要予測
2016年からの10年間で年率6%増加する見込み。2017年に開催された国際マグネシウム協会(IMA)主催の「第74回世界Mgカンファレンス」で、コンサルティング企業のオーストラリアCMグループが発表した。同グループの資料を基に日経 xTECHが作成した。
[画像のクリックで拡大表示]

 採用に積極的なのは、欧米の自動車メーカーだ。「Mg合金の採用は10年前から欧米が圧倒的に進んでいる。その使用割合は欧州と米国がそれぞれ45%であるのに対し、日本は5%程度」(住友電気工業でMg合金を開発する技術者)という。

 例えば、ドイツアウディー(Audi)は、単一の材料による車体の軽量化の考えを捨て、鋼(高張力鋼板)とAl合金、炭素繊維強化樹脂(CFRP)に、Mg合金を加えた4種類の軽量素材を適材・適所・適量で使い分ける「マルチマテリアルボディー」の設計に力を入れている。高級セダン「A8」では、ボディーのねじり剛性を高めるストラットブレース(ストラットタワーバー)にMg合金を採用。従来品(Al合金製と思われる)に対して28%の軽量化を実現した(図2)。

図2 Mg合金製のストラットブレース
Audiが高級セダン「A8」で実用化した。従来よりも28%軽くなった。(出所:Audi)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら