業界をまたいだ新材料の実用展開のスピードが格段に上がっている。多少コストが高くても新しい材料を積極的に使おうとする動きがさまざまな業界に現れてきたからだ(図1)。建築分野で評価を得た材料が自動車分野で注目されるなど、新材料の実用展開は業界の壁を越えて混然一体となりつつある。

図1 従来は航空・宇宙のような特殊な分野から、コストの低下とともに自動車分野、建築・土木分野へとステップを踏んで実用化される新材料が多かった。これに対し、最近は新材料の実用化で先行する分野が特定されない上に、分野の壁がなくなりつつある。そのため、新材料が実用に至る時間が短くなっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでは、宇宙・航空機や嗜好性の高いスポーツ用品といった特殊な分野から新材料を利用することが多かった。材料コストの高さを吸収した高額な製品価格を設定できる分野だからだ。

 新材料は段階を踏みつつ、より大きな汎用材料への適用に向かうのが常だった。例えば自動車業界では、まずは高付加価値を厳しく求められる高級車から採用され、需要が十分に拡大してコストがこなれてきたら、より生産台数の多いコンパクトカーで実用化。そして、次はより大きい市場規模を持つ建築・土木という別の業界に波及──といったような実用展開の流れだ(図2)。こうした材料普及の“法則”が大きく変わりつつある。

図2 材料の実用展開
特殊分野のニーズをくんで誕生した材料が、コストの低下とともに、より大きな市場で実用化されていく。
[画像のクリックで拡大表示]

 新材料の実用展開でなぜそのようなパラダイムシフトが起きているのか。それは、優れた材料にはさまざまな社会的要請に応える力があるからに他ならない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら