「シロアリ返し付き断熱気密パッキン」は気密パッキン、断熱材、シロアリ返しが一体化している。下はコーナーパーツ(資料:城東テクノ)
[画像のクリックで拡大表示]
「Joto基礎断熱工法」はスムーズな床下換気でシロアリ被害を防ぐ(資料:城東テクノ)
[画像のクリックで拡大表示]

 城東テクノは、「Joto基礎断熱工法」に必要な気密パッキンと断熱材、シロアリ返しの3部材を一体化した「シロアリ返し付き断熱気密パッキン」を2019年10月に発売した。

 基礎断熱工法を施した床下は密閉されていて空気が流れにくいため、シロアリの被害が発生しやすい。Joto基礎断熱工法は床下内の空気を循環させ、シロアリが嫌う風通しの良い環境をつくる。万一、シロアリが侵入しても、シロアリ返しを設けて躯体には上がれないようにしている。

 従来は、気密と断熱、シロアリ対策の3つの指定部材が個別に必要だった。それをシロアリ返し付き断熱気密パッキンは1つの部材で実現した。横ずれしない嵌合形状にして、専用のコーナー役物を用意することで、ジョイント部やコーナー部の施工が簡単になり、施工時間が短くなる。

 寸法は幅230×長さ1214×厚さ20mm。色はブラック。

 価格(税別)は、1本4300円。コーナーパーツAは1個2200円、コーナーパーツBは1個2000円。

問い合わせ先:城東テクノ
電話:0120-106011
URL : https://www.joto.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード