ヘルメット内と首元に涼風を送り込む「風雅ヘッド2」(資料:TJMデザイン)
[画像のクリックで拡大表示]
風量は3段階の切り替えが可能(資料:TJMデザイン)
[画像のクリックで拡大表示]

 TJMデザインは、安全ヘルメットに後付けできる送風機「風雅ヘッド2」を2019年6月に発売した。

 風雅ヘッド2は、一般の安全ヘルメットにシリコンバンドで取り付けられる小型送風ファンだ。後方からヘルメット内部と首元の2方向に風を送り込んで頭部を冷やし、気化した汗も放出する。建設現場の熱中症対策には特に有効である。

 従来品より大きい直径78mmの3枚羽根ファンを採用することで、風速が大幅にアップした(強モードで6.2m/秒、中モード5.4m/秒、弱モード4.6m/秒)。送風口径も広げて、冷却力を強めている。

 バッテリーにはリチウムイオン充電池を採用。風速が中モードの場合、8時間動作する。装着時の重さは295g(バッテリーを含む)。

 希望小売価格(税別)は、2万3000円。

問い合わせ先:TJMデザイン
電話:0120-125577
URL : https://jpn.tajimatool.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード