アピアガードオクダケ「レールフリータイプ」の設置例(資料:LIXIL鈴木シャッター)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXIL鈴木シャッターは、簡易着脱タイプの防水板「アピアガードオクダケ」シリーズに、レール施工が不要な「レールフリータイプ」を新たに加え、2019年6月20日に発売した。

 アピアガードオクダケは、集中豪雨時にアルミ製の防水パネルを積み重ねて置くだけで、浸水対策ができる製品である。パネルを締め付け金具などで固定する必要がなく、素早くセットできるのが特徴。以前はパネルを固定するガイドレールをあらかじめ取り付ける必要があった。

 レールフリータイプは、ガイドレールの施工が要らず、フロントサッシに直接パネルを取り付けられる。軽量アルミ製のパネルが上、中、下と3枚用意されており、下段パネルにパネル固定枠を取り付けてセットする。フロントサッシにビス穴加工を施す必要がなく、貸店舗などの退去時に現状回復を求められる物件でも利用できる。

 最大水位500mmまで止水可能。対応開口幅は、650〜2000mm。

 本体価格(税別)は、幅2000×高さ500mmが22万5000円。

問い合わせ先:LIXIL鈴木シャッター
電話:03-3944-1111
URL:https://www.lixil-suzuki.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード