大口径タイプの「AP-10040RS」(写真:アキレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 アキレスは、屋内外を問わず使える耐熱性の排水管継手「AP-RSシリーズ」の販売を2019年4月1日から開始した。

 AP-RSシリーズは耐熱性に優れたアキレスジョイント「APシリーズ」の耐候性を強化した製品だ。耐候性の高い合成ゴムを本体に使用しており、屋内配管だけでなく、屋外配管にも対応している。60℃〜100℃の熱湯が瞬間的に流れても耐えられるので、給湯器や食洗器の下部などキッチン排水用にも使える。

 AP-RSシリーズはパイプの直径や長さの異なる5種類の品番をラインアップ。このうち大口径タイプの「AP-10040RS」は、VP管とVU管ともに直径100mmに対応しており、橋梁などでも使用可能だ。AP-10040RSの最大曲度は90度、最大許容芯ずれは80mm。蛇腹部分を伸縮させることで、全長を330mmから436mmまで調整できる。

 価格はAP-10040RSがオープン価格。その他の品番は、税別で4000円から8800円。

問い合わせ先:アキレス
電話:03-5338-9360
URL:https://www.achilles.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード