「AC462XS」の色は青と黒の2色(資料:マキタ)
[画像のクリックで拡大表示]
側面が体にフィットしやすい形状になっている(資料:マキタ) 
[画像のクリックで拡大表示]

 マキタは、コンパクトで持ち運びしやすい低振動形のエアコンプレッサ「AC462XS」と「AC462XSH」を2019年2月に発売した。

 エアコンプレッサは、エア釘打ち機などの工具に圧縮空気を供給する装置。建設現場に持ち込んで使用するので、軽量でコンパクトな形状の製品へのニーズが高まっている。

 「AC462XS(高圧/一般圧対応)」と「AC462XSH(高圧専用)」は、重さ14kg、幅292×長さ449×高さ376mmと、従来品に比べて軽く小さい。側面が体にフィットしやすい形状になっており、狭い階段などでも持ち運びがしやすい。

 脚部にラバークッションが付いており、床への振動伝達を軽減。振動値は同社の従来品に比べて55%低減した。騒音値も静音モードで58dB(A)、速打ちモードで63dB(A)と低騒音を実現している。

 標準小売価格(税別)は、AC462XSが16万7000円、AC462XSHが16万9000円。

問い合わせ先:マキタ
電話:0566-98-1711
URL : https://www.makita.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード