「Safie Pocket」のカメラ本体(資料:セーフィー)
[画像のクリックで拡大表示]
現場の様子をリアルタイムの映像や音声で確認できる(資料:セーフィー)
[画像のクリックで拡大表示]
その場で写真が撮れるスナップショット機能も搭載(資料:セーフィー)
[画像のクリックで拡大表示]

 セーフィーは、建設現場と本部をリアルタイムでつなぐクラウド録画カメラ「Safie Pocket(セーフィー ポケット)」のサービス提供を、2019年3月12日に開始した。

 「Safie Pocket」は、作業員がトランシーバー感覚で使える小型携帯カメラだ。作業員が撮影した作業の工程は常時、高画質のスナップショットと映像でクラウドに保存される。管理者は現場での作業を映像で確認しながら、通話機能を使って遠隔で指示を出せる。報告業務の簡易化につながり、過去の作業を振り返る時にも役立つ。

 「Safie Pocket」からの映像や音声は、パソコンやスマートフォン、タブレットで視聴可能。権限を与えた最大15人までシェアができる。

 サービスはレンタルで提供。価格(税別)は、1台当たりの初期費用が1万5000円、月額費用が2万5000円。カメラ本体、クラウド録画、モバイルルーター、ヘッドセットなどをセットにして提供する。

問い合わせ先:セーフィー
電話:03-6417-9556
URL: https://safie.link/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード