「選べるデッキ」は、アルミベースの上に固定するデッキ面材を、素材や色の異なる10種類から選べる(資料:セイキ総業)
[画像のクリックで拡大表示]

 セイキ総業は、アルミ製のベース材の上に、素材や色の違う10種類のデッキ面材を選んで組み合わせる「選べるデッキ」を2019年3月15日に発売した。

 アルミベース材は中空構造で、歩いた時に「踏み感」が得られるよう配慮されている。根太などの下地にベース材をネジで固定し、その上にデッキ面材を並べて固定する。デッキ面材の素材はセラミック、竹、人工木の3種類。竹と人工木はネジで固定し、セラミックはシリコーンシーラントを塗布して貼り付ける。

 セラミックの面材は火に強い。木目調のデザインで、ブラウンウッドやナチュラルウッドなど4色をそろえている。竹の面材は天然の竹を板状に成形し焼成しており、表面に波形加工を施した2色とフラットなタイプ1色の合計3色をラインアップ。人工木の面材は、木粉とプラスチック樹脂を混合して成形したもの。木材の質感と耐久性の高さを併せ持つ。

 設計価格は、一般的な施工で13万7400円/坪(税、施工費別。アルミベース12枚、デッキ面材24枚使用)。

問い合わせ先:セイキ総業
電話:04-2951-7221
URL : https://www.seiki.gr.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード