透明ビニールを使用した屋外用スクリーン「Ziptrakロールスクリーンシステム」。外側のフレームは商品には含まれない(資料:アキレス)
[画像のクリックで拡大表示]
施工例。透明度が高く、屋内外に一体感を与える(資料:アキレス)  
[画像のクリックで拡大表示]

 アキレスは、屋外用の高透明フィルムと手動式ロールスクリーンシステムを組み合わせた「Ziptrakロールスクリーンシステム」の販売を2018年11月に開始した。

 防炎性や耐候性、UVカット機能、高い透明度などを備えた軟質塩ビフィルム「アキレス スカイクリア防炎」を、オーストラリアのZiptrak社が製造・販売している手動式ロールスクリーンシステムと組み合わせた。屋外専用のロールスクリーンで、天候や季節に合わせて、好みの高さに調整可能だ。透明なので開放感を損なうことがない。

 左右に柱がある場所に、簡単に設置できる。片手で開閉でき、任意の高さで固定可能だ。寸法は、最小が高さ500×幅650mm、最大が高さ3000×幅3500mm。間口寸法に合わせて受注生産する。フィルムの厚みは0.75mm。カフェやレストランのオープンデッキ、コテージのテラス、イベントブースなどで使用する。

 価格(税別)は、24万〜60万円(寸法によって異なる。施工費別)。

問い合わせ先:アキレス
電話:03-5338-9266
URL:https://www.achilles.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード