リチウムイオン充電池タイプでセンサーやNAVI機能を備えた「NAVI ZERO BLUEセンサーリチウム-KJC」(資料:TJMデザイン)
[画像のクリックで拡大表示]
左から順に、「ZERO BLUE リチウム-KJC」、「NAVI ZERO BLUEセンサーリチウム-KJC」、乾電池タイプの「ZERO BLUE-TYZ」(資料:TJMデザイン)
[画像のクリックで拡大表示]

 TJMデザインは、屋内でも屋外でも投射ラインが視認しやすい青緑色のレーザーを搭載したレーザー墨出し器「ゼロブルー」シリーズを2018年12月に発売した。

 青みがかった緑色「ブルーグリーン」の可視光半導体レーザーを搭載している。従来の赤色レーザー墨出し器は、屋外ではラインが見にくかった。赤色レーザーに次いで登場した緑色レーザーは、輝度が高く屋外でも見やすいが、屋内で使用する場合はギラつきや反射が強い。そのため、屋外で使われることが多い。

 青緑色レーザーは、明るい場所でも暗い場所でもラインがギラつかない。屋内外を問わず投射ラインがはっきりと見え、墨付けがしやすい。波長はラインが505nm(ナノメートル)、ポイントが650nm。機能別に13機種をラインアップ。

 価格(税別)は、7万2000円〜34万5000円。

問い合わせ先:TJMデザイン
電話:0120-125577
URL:https://tajimatool.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード