1つの家をモチーフにした「NeconoMa Houseタイプ C」の施工例(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]
木の葉をイメージした「NeconoMa Leaf」(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]
「NeconoMa Leaf」の施工例(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]

 カツデンアーキテックは、壁に取り付けるキャットシェルフ「NeconoMa (ネコノマ)」シリーズの新製品である「Houseタイプ C」と「Leaf(リーフ)」の2種を、2018年11月に発売した。

 猫が運動したり、高い場所でリラックスしたりするためのスペースを、壁面につくることができる。耐荷重は10kg。石こうボードに固定すればよく、大規模な工事は不要だ。

 「Houseタイプ C」は、従来品のタイプA、タイプBと同様の「家」の形のデザイン。猫が認識しやすい色であるパステルブルーとペールグリーンを用意している。寸法は幅520×高さ300×奥行210mm。

 「Leaf」は、木の葉をモチーフにした緩やかなカーブを描くデザイン。上面には滑りにくいようコルクシートを使用している。色はペールグリーンのみ。寸法は幅400×高さ116×奥行180mm。

 価格は1個当たり、「Houseタイプ C」が2万4900円、「Leaf」が1万1500円(税、施工費、運賃などは別)。

問い合わせ先:カツデンアーキテック
電話:03-5812-2291
URL : https://kdat.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード