医療施設内の部屋の素材が用意されている「3D医療施設デザイナー10」(資料:メガソフト)
[画像のクリックで拡大表示]
実製品の素材データも多数収めている(資料:メガソフト)
[画像のクリックで拡大表示]
収録パーツのサンプル(資料:メガソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

 メガソフトは、医療施設用の3D素材を配置して、テナントクリニックや住宅兼診療所、総合病院、介護福祉施設などの設計、検証ができる「3D医療施設デザイナー10」の販売を2018年10月17日に開始した。

 診察室、待合室、検査室、手術室、病室、スタッフステーション、機能訓練室など、医療施設内の部屋の素材があらかじめ用意されており、それをマウスで配置していくだけで様々な規模の医療空間をデザインし、3Dデータを作成することができる。

 3Dデータから、平面図、パース図、CG動画、什器(じゅうき)設備一覧表が作成可能。メーカーから提供された実製品の3D素材も多数収録されており、間取り画面で作成した部屋の中にそれらを配置することで、単なるイメージではない現実的な医療・福祉空間をつくることができる。

 動画による動線シミュレーション機能も搭載。医療従事者、事務スタッフ、患者などがそれぞれの目線で空間内での動きを確認し、検証することができる。

 標準価格(税別)は48万円。

問い合わせ先:メガソフト
電話:06-6147-2638
URL : https://www.megasoft.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード