子どものいたずらや誤操作を防止するチャイルドロック機能も搭載(資料:東芝ホームテクノ)
[画像のクリックで拡大表示]
アロマオイルをセットすると、加湿しながら香りを楽しむことができる(資料:東芝ホームテクノ)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝ホームテクノは、1回の給水で約8時間50分の連続運転が可能で、就寝中を通じて加湿できる、スチームファン式加湿器「KA-W45」を2018年9月中旬に発売した。

 約4リットルの大容量タンクを持ち、頻繁に給水しなくてもよい。就寝前に給水すれば、起床時まで加湿できる。タンクとタンクキャップは抗菌加工を施してある。

 温度と湿度を感知する「Wセンサー」で、室温に合わせて快適な湿度を自動で制御する。室温約18℃未満で湿度約60%、約18~23℃で約55%、約23℃以上になると約50%を目安に自動で加湿する。対応する部屋の広さは、プレハブ造の洋室なら21m2(13畳相当)、木造和室なら8畳が目安だ。

 価格はオープン。寸法は幅264×奥行257×高さ285mm。重量は約3.3kg。

問い合わせ先:東芝ホームテクノ
電話:0120-1048-76
URL:https://www.toshiba-tht.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード