グラスウールと室内側の防湿フィルムを一体化している(資料:パラマウント硝子工業)
[画像のクリックで拡大表示]
施工例(資料:パラマウント硝子工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 パラマウント硝子工業は、住宅用のグラスウール断熱材「ハウスロンZERO」シリーズで最も高い断熱性能をもつ「ハウスロンZERO(HZD)」を2018年8月1日に発売した。

 「ハウスロンZERO」は、ノンホルムアルデヒドで、有害物質を含まない安全なグラスウールの断熱材だ。「断熱等性能等級4」や「2020年断熱義務化」などに対応し、高い断熱性と防湿気密性で省エネ効果を高め、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)にも適している。

 「ハウスロンZERO(HZD)」は、熱伝導率0.035W/(m・K)と、シリーズの中でも最高の断熱性能をもつ。

 製品の外被には、30mmピッチと150mmピッチの加工ガイドが印字されているので、現場加工やステープル留めといった施工の負担を軽減する。また、弾力性のある原料を使用しているため、チクチク感を軽減した柔らかな感触で、作業がしやすい仕上がりになっている。

 寸法は、厚さ105×長さ2880mm。幅は390mmと425mmの2種がある。

 設計価格は税別で、1万800円/坪。

問い合わせ先:パラマウント硝子工業
電話:03-4582-5370
URL:http://www.pgm.co.jp/

■変更履歴
第3段落で記載した熱伝導率を「0.035W/(m・K)」に訂正しました。[2018/11/16 17:30]

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード