収納カウンターでキッチンの手元部分を隠せるので、リビングダイニングの雰囲気を損なうことなく、対面プランの開放感が得られる(資料:TOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 TOTOは、システムキッチン「THE CRASSO(ザ・クラッソ)」のレイアウトバリエーションに、美観を保ちやすい「スリム対面・収納充実型」を追加し、2018年8月1日に発売した。

 「ザ・クラッソ」は、デザイン性と機能性を併せ持ち、さまざまなリビングと調和するシステムキッチンだ。今回、追加発売された「スリム対面・収納充実型」は、対面部に「収納カウンター」を設けた。雑然となりがちな調理中の手元や、調理後のシンクまわりを隠し、リビングからの見た目を美しく保つことができる。

 「収納カウンター」内は、調味料や使用頻度の高い小物などが収納でき、必要な時だけ取り出せばいいので、作業スペースが広々と使える。

 キッチンの設置奥行きは850mmのスリムサイズで、リビング側も広く使え、リモデルにも向いている。

 周辺ユニットに、出し入れしやすい目線の高さに設置できるアイレベルウォールキャビネットをラインアップした。毎日使う物を取り出しやすい高さに収納できる。キャビネットから取り出したら、そのままサブカウンターでセッティングするといったキッチン動線を実現。使い勝手を良くした。

 希望小売価格は、121万2700円から(おすすめプラン、壁付け、幅2550mm×奥行き850mm。税、組み立て費は別途)。

問い合わせ先:TOTO
電話:0120-03-1010
URL:https://jp.toto.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード