施工例(資料:立川ブラインド工業)
[画像のクリックで拡大表示]
パネルをコンパクトに収納できる(資料:立川ブラインド工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 立川ブラインド工業は、用途に応じて格納方式と出入りの方法を選べる間仕切り「プレイス」を2018年5月1日に発売した。

 格納方式は、折りたたんで間口を広く確保できる「折戸」と、パネルを重ねて納める「引戸」、パネルを1枚ずつ移動して格納できる「移動収納」を用意している。出入りの方法は、引戸と折戸の2種類。移動収納の場合は、取っ手の付いたパネルから出入り可能な開き戸がある。

 フレームとパネル、採光窓を組み合わせて好みのデザインにすることができる。フレームカラーは7色、パネルカラーは5色から選べる。採光窓はフロスト調とクリアーの2種類。

 幅、高さともに1mm単位でオーダー製作ができ、既存の開口部にもぴったりと納めることができる。製作可能寸法は、高さ1700〜2700mm、幅600〜9600mmだが、パネルデザインによって異なる。

 参考価格(税別)は、幅2600×高さ2500mm、格納方式が折戸、出入りの方法が引戸、パネルデザインA-1の場合、33万7700円。

問い合わせ先:立川ブラインド工業
電話:0120-937-958
URL : https://www.blind.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード