イメージ図。窓に当たった熱線を空に向けて反射する(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
熱線選択反射膜が近赤外線だけを反射する(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
フィルムの厚みは103μm(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]

 エービーシー商会は、太陽からの熱線を空へ反射する窓用の遮熱フィルム「ソラリフレ」を2018年2月に発売した。

 フィルム内部にある特殊な形状の反射膜によって、日射に含まれる熱線(近赤外線)だけを選択して上方向へ反射する。太陽からの熱線を再び天空に返すため、「熱線再帰フィルム」と呼ばれる。

 一般的な遮熱フィルムは熱線を下方向に反射するので、反射光が当たる路面などは温度が上昇する。地表に反射しない熱線再帰フィルムは、建物周辺の「暑熱環境」の悪化を伴うことなく、室内の遮熱効果が得られる。

 ソラリフレは、室内への近赤外線の侵入を約70%、紫外線の侵入を99.5%カットする。一方、可視光線は67%透過する。室内温度の上昇を抑えつつ、明るさを確保することができる。ヒートアイランド現象の緩和に貢献することが期待されており、建築物総合環境性能評価システム「CASBEE-HI」で加点対象商品となっている。

 施工液を窓とフィルムに吹き付けて貼る「水貼り」で、室内側から施工する。規格サイズは幅1200mm、1ロールの長さは30m。

 材料設計価格(税別)は、2万2500円/m2(50 m2以上の場合。50 m2以下は別途見積もり)。

問い合わせ先:エービーシー商会
電話:03-3507-7217
URL : http://www.abc-t.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード